« 三遊亭楽春|創作時事小話2019年11月30日 | トップページ | 三遊亭楽春|創作時事小話2019年12月1日 »

三遊亭楽春|創作時事小話2019年11月分のまとめ

落語家・三遊亭楽春の創作小話コーナーです。(創作時事小話)

三遊亭楽春が最近の話題で小話を毎日創作しています。

2019年11月分をまとめて掲載しています。


◆閲覧時のお願い。

当ブログの創作小話を、他のブログやサイトに、無断で転載・掲載することは禁止のため、ご遠慮をお願いします。


■ 2019/11/30 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5561個目

●「今日は世界初の自動焦点カメラが発売された、オートフォーカスカメラの日だよ。」

◆「副題として安倍内の日としたらどうかな。」

●「どうして?」

●「発足してすぐ大臣が二人も辞め、首相と桜を見る会も問題山積。国民に向けた視点が、ピンぼけしているからさ。」


■ 2019/11/29 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5560個目

●「今日11/29は語呂合わせで、い(1)い(1)肉(29)の日だよ。」

◆「僕は脂身の多い部分の肉が好きなのだが、メタボになるからと妻に止められているんだ。」

●「食べないの?」

◆「いいや、こっそり食べているんだ。」

●「こっそりと?君の場合は、奥さんに言い難(いいにく)い日なんだね。」


■ 2019/11/28 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5559個目

●「柿が美味しい季節だが、干すことで渋みが抜けて、甘さが約5割も増すんだって。」

◆「たった5割かい?」

●「なぜ?」

◆「サラリーマンは仕事で干されると、10割の人が甘い気分が抜けて、渋い顔になるからさ。」


■ 2019/11/27 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5558個目

●「今の季節は美味しいもが多く、つい食べ過ぎてしまうよね。」

◆「味覚の季節の後は、運動の季節だよ。」

●「というと?」

◆「味覚(みかく)の季節で肉や脂肪が身に着いた分、次は運動して減らす、身欠く(みかく)の季節になるからさ。」


■ 2019/11/26 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5557個目

●「ディズニー映画・アナと雪の女王2が、公開から3日間で興行収入19億円を上げたよ。」

◆「続編が前作の2倍以上の成績とはさすが人気作品だね。」

●「全体の興行収入が氷のように冷え込む映画界の中で、雪の女王が映画関係者の懐を温めてくれたのか!」

◆「続編(ぞくへん)で2倍なら、続々編を作れば、いくら儲かるかな?」

●「内容が面白いからヒットするのであって、君のように儲けありきの考えは、俗(ぞく)で変(へん)だよ。」


■ 2019/11/25 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5556個目

●「今、歴史上の失敗を集めた失敗図鑑という本が、子ども達の間で話題なんだって。」

◆「うちの子どもは、わざわざ本を読まなくても、失敗だらけの親がいる我が家を見ればいいさ。」

●「子どもにとっては、それは図鑑(ずかん)ではなく、頭寒(ずかん)だよ。」

◆「なぜ?」

●「失敗だらけの親に、頭を冷やして欲しいって意味さ。」


■ 2019/11/24 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5555個目

●「1859年の11月24日に、ダーウィンの種の起源の初版が刊行されたことに由来して、今日は進化の日だって。」

◆「進化の日?ダーウィンに我が社を見せてあげたいよ。」

●「君の会社を?」

◆「僕も含めてベテラン社員は、新しい電子システムや器機の進化についていけず、退化している人も大勢いるからさ。」


■ 2019/11/23 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5554個目

●「ちょうど渓谷の紅葉が見頃だね。黄色から赤く変わる美しい紅葉を見たいが、遠出は難しいな。」

◆「近くでよかったら、うちに見においでよ。」

●「君の家で見られるのかい?」

◆「うちの家計簿を見せてあげるよ。黄色から赤く変わる渓谷じゃなく、黄色信号から赤信号に変わった谷底だから。」


■ 2019/11/22 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5553個目

●「今日11/22は、ボタンの日だって。」

◆「我が家にもボタンの日が来ればいいのに。」

●「どうかしたの?」

◆「夫婦の意見が常に食い違い喧嘩ばかり。ボタンの掛け違いになっているからさ。」

●「夫婦喧嘩の後、君はどうしているの?」

◆「余計なことを言うと妻に叱られるから、ボタンどころか、口にチャックをして黙っているよ。」


■ 2019/11/21 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5552個目

●「ノートパソコンとの住み分けで販売されたはずのタブレット型iPadが、スマホに押されて、再びノートパソコン化に傾向しているんだって。」

◆「それほど不思議なことではないよ。」

●「そうなの?」

◆「上司の考えで進めた仕事が上手くいかず、いつの間にか元の案に戻っていることなんて、日常だからさ。」


■ 2019/11/20 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5551個目

●「うちの若い社員たちには、甘いドリンクではなく、ペットボトルのお茶の方が人気なんだよ。」

◆「味覚も時代の流れで代わるものだからね。」

●「時代が何か関係が?」

◆「彼らはバブル崩壊後に生まれた世代だから、甘い汁を吸わずに育ったからね。」

●「その代わり、バブル世代は甘い汁を吸った後に、お茶のように渋い時代を迎えることになったじゃないか。」


■ 2019/11/19 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5550個目

●「関大の元アイススケート部監督の織田信成氏と、関大の浜田美栄コーチの確執は訴訟にまで発展したよ。」

◆「リンクの氷は固いから、簡単には雪解けできなかったか。」

●「お互い関大(かんだい)だが、寛大(かんだい)な気持ちにはなれなかったようだね。」


■ 2019/11/18 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5549個目

●「安倍首相の桜を見る会の私物化が問題視され、早々に来年度の開催を中止にしたよ。」

◆「名前を変えて開催される可能性もあるが。」

●「名称の変更?」

◆「安倍首相と桜を見る会ではなく、桜を見送る会に変更するのさ。」


■ 2019/11/17 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5548個目

●「北海道では、暴風や猛吹雪による交通への影響に警戒が出ているよ。」

◆「先が見えないホワイトアウトの状態で心配だね。それって北海道だけの話かな?」

●「なぜ?」

◆「安倍内閣の大臣が早々に二人辞め、首相と桜を見る会も中止になり、先が見えないアウトな状態になった、永田町の話かと思ったよ。」


■ 2019/11/16 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5547個目

●「先週までの読書週間(しゅうかん)だったが、君はどんな本を買ったの? 」

◆「本は買わないよ。タブレットで読んだから。」

●「本は買わないのかぁ。最近は本が売れず休刊が増加してるが、このままじゃ読書終刊(しゅうかん)になってしまうよね。」


■ 2019/11/15 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5546個目

●「会社の健康診断で、体内の脂質の数値が高いと注意を受けたよ。」

◆「脂(あぶら)が多い?おかしいな?そんなはずはないのに。」

●「僕の体のことが、君にわかるのかい?」

◆「だって君はいつも仕事でミスして、上司から油(あぶら)を搾られているじゃないか。」


■ 2019/11/14 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5545個目

●「今日、11/14は、いい(11)いし(14)の語呂合わせで、いい石(いし)の日だって。」

◆「今年も新入社員たちは玉石混交。彼らが将来の玉なのか石なのか、資質が分かってくる時期かな。」

●「玉でも石でも、ベテラン社員になれば関係ないよ。」

◆「どうして?」

●「上司の意見に合わせて、自分の意思(いし)が無くなるからさ。」


■ 2019/11/13 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5544個目

●「今年の紅葉の見ごろは例年より遅いらしいね。」

◆「うちは早々に真っ赤だよ。」

●「というと?」

◆「先月からの消費税の増税で、うちの家計簿は早くから真っ赤になっているよ。」

●「紅葉より先に紅くなったの?」

◆「高揚(こうよう)どころか、意気消沈しているよ。」


■ 2019/11/12 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5543個目

●「安倍総理主催の桜を見る会の招待客の内、自身の後援会850人が参加したことが、税金の私物化だと話題になっているね。」

◆「桜を見る会って、地元の後援者に安倍総理の威厳を見せるための、サクラを集めた会って意味かい?」


■ 2019/11/11 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5542個目

●「先月の増税以降、支払いのキャッシュレス化に拍車がかかっているが、その影響で店舗の無人化が進み、人員削減に繋がっているんだって。」

◆「キャッシュレス化とは、削減された従業員へ支払うキャッシュを無しに出来る仕組み、という意図だったのかな?」


■ 2019/11/10 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5541個目

●「雲(くも)一つない晴天の下、天皇陛下の即位に伴う祝賀パレードが行われたよ。」

◆「令和の新時代、苦も(くも)一つない世になることを願う国民の思いが、晴天を呼んだのかもしれないね。」

●「天皇皇后両陛下の晴れやかなお姿に、国民の顔が晴ればれとした祝賀パレードだったよ。」


■ 2019/11/9 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5540個目

●「今日11/9は、いい(11)くう(9)きの語呂合せで、換気(かんき)の日だって。」

◆「今日は天皇陛下即位を祝う国民祭典で、明日は奉祝パレード。まさに日本に爽やかな空気(くうき)が広がる歓喜(かんき)の日だよ。」


■ 2019/11/8 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5539個目

●「プロ野球の巨人の原監督が、セ・リーグでもDH(指名代打)制度を取り入れようと提唱しているが、どうだろう?」

◆「DH制度って、投手の代わりに打つ時にだけ出ていく選手でしょ。うちの会社ではとっくに取り入れているよ。」

●「君の会社で?」

◆「上司に何か不都合があれば、僕が代わりに謝りに出ていくからさ。」


■ 2019/11/7 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5538個目

●「羽田空港では昨日から原因不明の断水が続いているよ。飲食店は営業を休止、トイレも水が出ない状態だって。」

◆「最近、たて続きで大雨被害で空港が被害にあったから、空港自身の意思で水を拒否しているのかな?」

●「空港自体の意思だって?おいおい、絵空事はたいがいにしてくれよ。」


■ 2019/11/6 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5537個目

●「松茸が美味しい季節だが、軸が太くしっかりして、笠(かさ)が開いている物が良いらしいね。」

◆「今年は松茸が羨ましいと感じるよ。」

●「どういうこと?」

◆「今年は大型台風や強い雨風が続き、傘(かさ)の太い軸は折れ、傘をまともに開くことすら出来ないからさ。」


■ 2019/11/5 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5536個目

●「陸上のリレー競技では、スピードを落とさず渡す、バトンのアンダーパスというきれいな形で繋ぐテクニックが有効なんだって。」

◆「東京五輪で札幌開催が決まったマラソン・競歩にはバトンが無いからな。」

●「というと?」

◆「IOCと小池都知事の間でアンダーパス(下交渉)が上手くいかず、マラソン・競歩の東京から札幌へのバトンが、きれいな形で繋がらなかったからさ。」


■ 2019/11/4 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5535個目

●「首里城が火災で焼失(しょうしつ)。沖縄の人の心にも消失(しょうしつ)感が広がっているよ。」

◆「費用も時間もかかると思うが、多くの人が再び見たいと望んでいるよ。」

●「すでに現時点で多くの復興願いの寄付が集まったようだが、さらに輪が広がりそうだね。」

◆「再見(さいけん)のため、一日も早い再建(さいけん)が望まれるね。」


■ 2019/11/3 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5534個目

●「消費税増税から約一ケ月経ったが、軽減税率の導入で消費傾向に影響はあったかな?」

◆「デパート売り上げは、去年の同じ月を10%以上も下回る大幅な落ち込みだって。」

●「財布の口はますます重くなって、軽減も思うほど効果もなく、減っているのは消費の方だよ。」


■ 2019/11/2 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5533個目

●「東京五輪のマラソン・競歩の開催地が札幌に正式決定になったよ。」

◆「小池東京都知事は、合意なき決定だと渋々承諾したようだが。」

●「我が家でも同様のことが起きたよ。」

◆「というと?」

●「札幌に家族旅行に行った時も、妻と子ども達だけで話し合い、僕には合意なき決定だったからね。」


■ 2019/11/1 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5532個目

●「ねえお父さん、安倍首相ってアナログなゲームが好きなの?」

◆「なぜそう思うの?」

●「経産相・法相の相次ぐ辞任で、安倍首相がドミノ倒しの責任者だってニュースで言ってたから。」


当ブログの創作小話を、他のブログやサイトに、無断で転載・掲載することは、ご遠慮をお願いします。


三遊亭楽春の創作小話バックナンバー (過去の全小話一覧はこちら)


三遊亭楽春HP (三遊亭楽春のサイトをお読みの方はこちら)


三遊亭楽春公式サイトの内容は、三遊亭楽春に著作権があり、文章・画像・写真を許可無く使用や転載することを禁じます。


« 三遊亭楽春|創作時事小話2019年11月30日 | トップページ | 三遊亭楽春|創作時事小話2019年12月1日 »