« 三遊亭楽春|創作時事小話2019年9月30日 | トップページ | 三遊亭楽春|創作時事小話2019年10月1日 »

三遊亭楽春|創作時事小話2019年9月分のまとめ

落語家・三遊亭楽春の創作小話コーナーです。(創作時事小話)

三遊亭楽春が最近の話題で小話を毎日創作しています。

2019年9月分をまとめて掲載しています。


◆閲覧時のお願い。

当ブログの創作小話を、他のブログやサイトに、無断で転載・掲載することは禁止のため、ご遠慮をお願いします。


■ 2019/9/30 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5500目

●「ラグビーワールドカップ日本大会で、日本が世界ランク2位のアイルランドに勝利し、金星を挙(あ)げたよ。」

◆「同じ金の字でも、こういうあがり方なら歓迎だよ。」

●「歓迎されないものとは?」

◆「明日から10%に上(あ)がる消費税の金さ。」


■ 2019/9/29 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5499目

●「今日9/29はク(9)リーニ(2)ング(9)の語呂合せで、クリーニングの日だって。」

◆「新入社員にとってはまさにこの時期なんだろうね。」

●「というと?」

◆「入社半年が過ぎ、この先、会社に残るべきか選択(洗濯)する時期が来ているんだよ。」

●「それで新入社員に辞められてしまった上司はどうなるの?」

◆「きっと心の洗濯が必要になるよ。」


■ 2019/9/28 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5498目

●「秋は夏の疲れが残る季節。疲労回復に栄養効果が高い甘酒が人気だって。」

◆「甘酒って言葉に納得がいかないんだけど。」

●「なぜ?」

◆「疲労のストレス解消のため、酒を飲んで帰宅する僕に、妻の態度は甘くないからさ。」


■ 2019/9/27 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5497目

●「10月からの消費税増税を前に、買いだめが過熱しているんだって。」

◆「9月後半だというのに夏並みの高温は、その加熱が原因だったのか!」

●「その分、10月に入ったとたんに、景気に冷たい風が吹きそうな気がするよ。」


■ 2019/9/26 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5496目

●「セリーグは巨人、パリーグは西武がリーグ優勝を決めたよ。」

◆「優勝マジックは点いたり消えたりファンを不安(ふあん)にさせたが、華やかなビール掛けが待っていたぞ。」

●「その陰では、活躍できなかった選手がひっそりと、まるでマジックのように消えているよ。」

◆「先の不安はあるが、華やかなプロの世界とは違う次の居場所を、人生を掛けて探すのだね。」


■ 2019/9/25 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5495目

●「10月からの消費税増税を前に、買いだめをしておきたいね。」

◆「僕もそう思って、ストックしても腐らないものをまとめ買いしたんだが。ついつい余計な買い物をして予算を使い過ぎて。」

●「どうかしたの?」

◆「僕の買いだめに呆れた、妻の気分が腐ってしまったのさ。」


■ 2019/9/24 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5494目

●「日本列島が台風の影響で、異常な気象(きしょう)に包まれているね。」

◆「僕は暴風、暴雨、高温の影響で夜中も寝ていられず、起床(きしょう)時間が異常になっているよ。」


■ 2019/9/23 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5493目

●「台風15号の影響で、通常の3割も値上がっている野菜があるんだって。」

◆「菜食(さいしょく)好きな我が家では、家計簿の彩色(さいしょく)は赤くなり、それを見て、顔の彩色(さいしょく)は青くなっているよ。」


■ 2019/9/22 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5492目

●「台風被害がまだ収まらない千葉県では、屋根の破損を補うブルーシートの修繕(しゅうぜん)で高額詐欺が起きているんだって。」

◆「困っている人をブルーシートで騙すとは、シート以上に気持ちがブルーになるよ。」

◆「ボランティアの方々の修善(しゅうぜん)は、被害にあった人の心の支えになっているだろうね。」


■ 2019/9/21 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5491目

●「朝食の取り方次第で、その日の意欲の沸き方が違うらしいね。」

◆「ネット上には多くの食品情報が溢れているから、試してみたよ。」

◆「どうだった?」

●「書いてある食品を全部取り入れたら、朝食を食べ過ぎてすっかり眠気が差して、会社に行く意欲そのものが無くなったよ。」


■ 2019/9/20 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5490目

●「大型台風の被害にあった千葉県の一部の地域では、約2週間ぶりに携帯電話の電波が復旧したね。」

◆「しかし地域の復旧はまだまだ遅くなりそうだが。」

●「携帯のアンテナは三本立つようになっても、行政と電力会社と住民。この三本の間の通信がうまく繋がっていない気がするよ。」


■ 2019/9/19 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5489目

●「コーヒー豆の値上げで、コンビニの100円コーヒーも追随する可能性があるんだって。」

◆「朝、目覚ましにコンビニに立ち寄ってコーヒーを買うのだが、毎日のことだから値上がりすると厳しいな。」

●「ある意味で効果はあるかも。」

◆「どういうこと?」

●「値上げのお知らせを見た途端に、驚いて目が覚めるからさ。」


■ 2019/9/18 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5488目

●「台風被害が広がる千葉県では、緊急用のポータブル発電機が盗まれる被害が多発しているよ。」

◆「停電が続く中、さらに気分が暗くなるような話だね。」

●「発電機を取り戻して、犯人に怒りの電撃を食らわせたい気分だよ。」


■ 2019/9/17 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5487目

●「何を怒ってるんだい?」

◆「諸物価が値上りのため、僕の小遣いが下げられたことさ。片や上がり、そのため、片や下がるとは、まったく理解できないよ。」

●「税と同じさ。」

◆「同じとは?」

●「片や増税、そのため、片や軽減税。多くの人がこの税率をまったく理解できていないからさ。」


■ 2019/9/16 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5486目

●「今日は敬老の日だが、貰いたいプレゼントは商品券、食事券、宿泊券などの金券(きんけん)が人気だって。」

◆「長生きの時代だから、先々に取って置ける金券がいいのかな。」

●「高齢者の方々の若い時代を、今の若い人にも参考にして欲しいのかもよ。」

◆「参考とは?」

●「仕事に励み、ムダな出費を少なくする。勤倹(きんけん)の精神のことだよ。」


■ 2019/9/15 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5485目

●「台風被害の千葉県では携帯電話の電波が通じない、圏外(けんがい)の地域も多いんだって。」

◆「連日の高温で困難が続いているようだが、県外(けんがい)からのボランティアも駆けつけてくれているよ。」

●「気温は高温でも、人情は心地よい暖さかを感じるね。」


■ 2019/9/14 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5484目

●「台風の被害で千葉県内では、今日現在で、停電は約15万戸、断水は約3万戸だって。」

◆「まだ電気も水も通らない地域が多いんだね。」

●「急ぎ、血が通った行政の救済を求めるよ。」


■ 2019/9/13 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5483目

●「大型台風の影響で、千葉県では断水や停電の被害が広がっているよ。」

◆「復旧の先が見えない状態では、住民の表情も暗くなってしまうね。」

●「先の見通しが一番暗かったのは、すぐに復旧できると発表し、対応が遅くなった電力会社と行政の方だよ。」


■ 2019/9/12 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5482目

●「昨日、安倍内閣改造があり、注目の小泉進次郎が環境(かんきょう)大臣として初入閣したよ。」

◆「滝川クリステルと結婚、第1子誕生予定、そして大臣就任。一番環境(かんきょう)が変わったのは当の本人だろうね。」

●「国民はどう思っているのかな?」

◆「話題に事欠かず、感興(かんきょう)をそそられているよ。」


■ 2019/9/11 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5481目

●「大型台風の影響で飛行機の欠航や交通機関の運休で、成田国際空港では1万人が足止めを食らったよ。」

◆「まさに陸の孤島の状態だね。」

●「つい先日の夏休みまでは、成田国際空港からリゾート地の孤島へ旅立っていたのに、今では台風で空港自体が孤島になってしまったとは!」


■ 2019/9/10 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5480目

●「昨日の大型台風で関東の鉄道各社が計画運休したが、予想以上の混雑を招いたね。」

◆「何事も計画通りにはいかないものだが、何より驚いたことは。」

●「なんだい?」

◆「会社に行きたがる人が、あんなに大勢いるとは思わなかったことさ。」

●「台風で交通トラブル。それでも会社に行きたいのはなぜ?会社から来るようにいわれたから?」

◆「それもあるが、ベテラン社員は自分がいなくても、仕事がうまく回っているのを知るのが怖いからさ。」


■ 2019/9/9 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5479目

●「今日9月9日は語呂合せで、救急(きゅう9・きゅう9)の日だって。」

◆「9月に入って物価の値上げ。10月からは消費税が値上。」

●「それが何?」

◆「我が家では今日を、生活が汲々(きゅう9・きゅう9)としている日に制定しているよ。」


■ 2019/9/8 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5478目

●「秋の夜長というが何故だろう?」

◆「9月になったというのに気温30度超え。暑くて寝ていられず、度々目が覚めてしまい、明け方までが長く感じるからさ。」


■ 2019/9/7 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5477目

●「来年お正月のおせち料理に欠かせない食材たちが値上げだって。」

◆「来年の話をすると鬼が笑うというが。」

●「笑うどころか、値上げの話にうちの妻は、鬼のような形相で怒っていたよ。」


■ 2019/9/6 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5476目

●「今日9月6日は語呂合わせで、黒(9く・6ろ)の日だって。伝統染色の黒染めのPRが元になっているというが。」

◆「黒染めだって?それなら我が社の上司の日に制定したいよ。」

●「上司の日とはなぜ?」

◆「重役の意見で急に指示を変えて部下を叱る。まさに腹が黒く染まっているからさ。」


■ 2019/9/5 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5475目

●「賞味期限切れ食品を扱うショップに、連日客が押し寄せているんだって。」

◆「まだ食べられるのに捨てられる食品ロスの削減に、関心を持っている人が増えたおかげかな。」

●「並んでいる客の中には、中年サラリーマンも多いようだが。」

◆「まだ働けるのに人員の削減で、会社に捨てられて仕事ロス。食品と自分が同じ境遇だと感じて応援する人が増えたのかもよ。」


■ 2019/9/4 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5474目

●「大気が不安定で、各地で浸水(しんすい)など大雨の被害が出ているよ。」

◆「そのせいで、住民たちの気持ちが不安定になり、感傷に浸っているよ。」


■ 2019/9/3 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5473目

●「夏に浴びた紫外線の影響で老化が進み、この時期は張りが無くなるんだって。」

◆「張りが無くなるとは、肌の話かい?」

●「ほかに張りが無くなることってある?」

◆「夏休みに金を使い果たしてしまった財布の話かと思ったよ。」


■ 2019/9/2 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5472目

●「大手菓子メーカーブルボンでは実質的な値上げで、ルマンドなど一部の内容量を減らすと発表したよ。」

◆「ルマンドは13本から12本に減るらしいね。菓子は甘いが現実は甘くないって話だね。」

●「妻はルマンドのマネをしろというのだが。」

◆「どういうこと?」

●「タバコの本数を一本づつでも減らして欲しいということさ。」


■ 2019/9/1 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5471目

●「今日9月1日は、ぼうさいの日だよ。何か対策はしている?」

◆「酔って遅く帰らないようにしたり、家でタバコを吸わないようにしたり。」

●「防災(ぼうさい)の日だけど、それは何の話?」

◆「しまった!てっきり防妻(ぼうさい)の対策だと思ったよ。」


当ブログの創作小話を、他のブログやサイトに、無断で転載・掲載することは、ご遠慮をお願いします。


三遊亭楽春の創作小話バックナンバー (過去の全小話一覧はこちら)


三遊亭楽春HP (三遊亭楽春のサイトをお読みの方はこちら)


三遊亭楽春公式サイトの内容は、三遊亭楽春に著作権があり、文章・画像・写真を許可無く使用や転載することを禁じます。


« 三遊亭楽春|創作時事小話2019年9月30日 | トップページ | 三遊亭楽春|創作時事小話2019年10月1日 »