« 三遊亭楽春|創作時事小話2019年8月31日 | トップページ | 三遊亭楽春|創作時事小話2019年9月1日 »

三遊亭楽春|創作時事小話2019年8月分のまとめ

落語家・三遊亭楽春の創作小話コーナーです。(創作時事小話)

三遊亭楽春が最近の話題で小話を毎日創作しています。

2019年8月分をまとめて掲載しています。


◆閲覧時のお願い。

当ブログの創作小話を、他のブログやサイトに、無断で転載・掲載することは禁止のため、ご遠慮をお願いします。


■ 2019/8/31 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5470目

●「8月も終わりになり、すっかり陽が沈むのが早くなってきたね。」

◆「夏休みも終わりになり、子どもたちはすっかり気が沈んでいるよ。」


■ 2019/8/30 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5469目

●「トヨタ自動車とスズキが、力関係を一段と強化するため資本提携を発表したよ。」

◆「僕も夏休みに金を使い過ぎ資本が乏しくなって破算間際。妻に資本提携を申し出たのだが。」

●「どうなったの?」

◆「家庭内での力関係に差があり過ぎて、ご破算に終わったよ。」


■ 2019/8/29 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5468目

●「昨日、九州(きゅうしゅう)北部では経験したことがない豪雨で、大雨特別警報が出たよ。」

◆「佐賀駅では駅構内まで水が入り込み浸水したんだって。」

●「ここまでくると、もはや河川の氾濫(はんらん)ではなく、急襲(きゅうしゅう)が起こした反乱(はんらん)だよ。」


■ 2019/8/28 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5467目

●「10月の増税に合わせた軽減税率対応のレジ導入が、このままでは間に合わないと問題になっているよ。」

◆「レジ自体は大きな問題ではないと思うよ。」

●「他に問題があるの?」

◆「軽減税率についてほとんど人が、このままでは理解が間に合わないことさ。」


■ 2019/8/27 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5466目

●「夏休みの子どもの自由研究を応援しているんだ。今の内だからね。」

◆「今の内とは?」

●「大人になれば会社からも家庭からも束縛され、自由になれる時間は少ないと、いつか気が付くからさ。」


■ 2019/8/26 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5465目

●「子どもが夏休みの自由研究でメダカの観察をしているんだ。」

◆「観賞用に改良されたカラフルなメダカの中には、100万円の値段が付いたものまでいるんだって。」

●「えっ、メダカ1匹が100万円!メダカの名前の由来は、目が飛び出るほど高い値段で、目高(メダカ)って意味かい?」

◆「子どもは観察で、君は繁殖した方がよさそうだね。」


■ 2019/8/25 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5464目

●「ディズニーランドでは気温上昇のためショーの中止が相次いで、観客はがっかりしているよ。」

◆「せっかく夢の国に行っても、暑苦しくて夢から覚めてしまうのか!」


■ 2019/8/24 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5463目

●「夏の甲子園の高校野球の熱闘が終わると、夏が去るのを感じて寂しくなるね。」

◆「冷夏で夏の熱を感じることができず、このまま夏が去るのかと思うと寂しくなるよ。


■ 2019/8/23 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5462目

●「昨年同様に今年もサンマの不漁が続く見通しで、丸々と脂がのったサンマが提供できず、痩せ気味の解凍物を食べる機会が増えそうだよ。」

◆「サンマは健康食だと思っていたが、人間の健康意識とは逆なんだね。」

●「どういうこと?」

◆「痩せ気味は敬遠され、丸々と脂がのった方が好まれるからさ。」


■ 2019/8/22 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5461目

●「8月も後半に入り、夏と秋とのせめぎ合いだね。」

◆「サラリーマンにはもっと身近にせめぎ合いがあるよ。」

●「なに?」

◆「お盆休みで小遣いを使い果たし、ランチの値段と財布の中身のせめぎ合いだよ。」


■ 2019/8/21 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5460目

●「暑さ解消のため、首から下げる携帯型扇風機が人気だって。」

◆「世のお父さんたち複雑な気持ちで首から下げているよ。」

●「どうして?」

◆「夏休みに金を使い過ぎ、扇風機は回るが、首は回らないからさ。」


■ 2019/8/20 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5459目

●「この時期は天候が不安定だから、落雷に気を付けないと。」

◆「雲行きが怪しくなり、急に冷たい風が吹くと、落雷が起(おこ)りやすいんだって。」

●「それならうちの上司と一緒だ。」

◆「君の上司と?」

●「上司の機嫌の雲行きが怪しくなり、態度が急に冷たくなると、怒(おこ)りやすくなって雷が落ちるのさ。」


■ 2019/8/19 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5458目

●「夏休みは緑が密集している田舎町へ行き、森林浴を味わいたいと思っていたけど、やめたよ。」

◆「なぜやめたの?」

●「考えてみれば、郊外の田舎町に家を買ったので、毎日の通勤で森林浴を味わっているからさ。」

◆「健康的だね。」

◆「案外そうでもないよ。緑も多いが、それ以上に、満員電車の人の密集を味わう方が多いからね。」


■ 2019/8/18 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5457目

●「帰省先の実家ではゆっくりできたのかい?」

◆「実家への行き帰りでゆっくりできたよ。」

●「行き帰りで?どういうこと?」

◆「渋滞で車がピクリとも動かず、車内(しゃない)で、嫌というほど時間を持て余したからね。その分・・。」

●「その分、何?」

◆「休んだ分だけ仕事が溜まっているので、明日からは社内(しゃない)で時間が足りないと思うと、嫌になるよ。」


■ 2019/8/17 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5456目

●「君はお盆休みは実家へ帰ったのかい?」

◆「妻が僕の両親と折り合いが悪くて、ほんの顔出し程度だったよ。」

●「なるほど、少しでも帰省(きせい)したという、既成(きせい)事実を作っただけか!」


■ 2019/8/16 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5455目

●「西日本を大型台風が横断。海岸は大波、河川では氾濫(はんらん)。各地で被害が発生したよ。」

◆「反乱(はんらん)の大波だって?それはデモで騒然とする香港から来た台風かい?」


■ 2019/8/15 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5454目

●「香港では大規模なデモの影響で、空港が機能せず欠航が相次いでいるよ。」

◆「夏休みの地理の宿題をしている息子に聞かれたよ。」

●「何を?」

◆「お父さん、ホンコンのコンの字は、混迷の混(コン)って書くの?って。」


■ 2019/8/14 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5453目

●「連れ合いの実家へ帰省する時には、義父母への手土産の金額やセンスは大事だよ。」

◆「どうして?」

●「手土産は義父母(ぎふぼ)への気遣いのギフトだからさ。」

◆「なるほど、手土産次第で、手の平が返るってことか。」


■ 2019/8/13 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5452目

●「帰省先の子どもに、一時はお年玉に対してお盆玉を渡すといわれていたが、最近はあまり聞かないが何故だろう?」

◆「親戚のおじさんよりも、自分の方が小遣いを持っていることに子どもが気が付いてしまい、貰い難くなったからさ。」

●「気温は高いが、子どもの目線は案外クールだね。」


■ 2019/8/12 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5451目

●「エコでスーパーのレジ袋を辞退する、奥さんたちが増えているんだって。」

◆「まるで最近の夏休みの事情のようだね。」

●「夏休みの事情とは、どういうこと?」

◆「夫のお袋(母親)が苦手で、帰省を辞退する奥さんたちが増えているからさ。」


■ 2019/8/11 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5450目

●「お盆休みに台風が接近。ノロノロ台風で進路の予測が難しいよ。」

◆「なぜこんなにノロノロなの?」

●「日本のノロノロ渋滞を見て、速度を合わせているのさ。」


■ 2019/8/10 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5449目

●「夏休みは行楽地へ向かうにも渋滞で大変だよ。」

◆「渋滞中は気を張っているから、行楽地に着いた途端に気が楽になるよ。」

●「行楽地とは、行って楽になる地という意味だっけ?」


■ 2019/8/9 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5448目

●「政界(せいかい)のプリンス小泉進次郎議員と滝川クリステルが結婚したよ。」

◆「東京五輪誘致で有名になった、滝川クリステルのおもてなし精神が功を奏したか。小泉進次郎(しんじろう)が、僕を信じろ(しんじろ)着いて来いと言ったのか。」

●「いずれにしても、お互いのパートナー選びが正解(せいかい)であることを願うよ。」


■ 2019/8/8 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5447目

●「体温を超えるほどの厳しい暑さだね。」

◆「おかげで最近、新入社員への上司のアドバイスが変わったんだ。」

●「どんなふうに?」

◆「今までは、熱い気持ちで汗をかく仕事をしろと言っていたが。」

●「最近では?」

◆「熱くなり過ぎず、頭を冷やして仕事をしろだって。」


■ 2019/8/7 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5446目

●「メジャー大会の全英制覇を成し遂げたゴルフの渋野日向子は、笑顔が良くてスマイルシンデレラの愛称がついたよ。」

◆「うちの妻だってスマイルシンデレラだよ。」

●「君の奥さんが?」

◆「夜中の12時まではシンデレラ同様。僕が酔って午前様で帰ると、鬼のような形相に変わるのさ。」


■ 2019/8/6 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5445目

●「ゴルフの渋野日向子がメジャー大会の全英制覇の快挙を成し遂げたよ。」

◆「親が夏休みの子供たちにその姿勢を学ばせようとしているよ。」

●「どういうこと?」

◆「彼女はゴルフの基本・ドリル練習を毎日欠かさないそうだがら。」

●「それが?」

◆「夏休みの学習ドリルを毎日やると、成績で一番が取れると、親が子に教えているのさ。」


■ 2019/8/5 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5444目

●「日本の各地で熊の目撃が相次いでいるよ。なぜ今、熊(クマ)が現れるのだろう?」

◆「まさかあまりの暑さのため山から逃げて、人里に冷を求めに来ている訳じゃないだろうね。」

●「冷や冷やしているのは人間の方で、不安で夜も眠れず、眼の下に隈(クマ)が現れているよ。」


■ 2019/8/4 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5443目

●「この猛暑なのに即席カイロが売れているよ。」

◆「なぜ?」

●「冷たいものを飲みすぎて、お腹が冷えるから温めるんだって。」

◆「もし即席カイロで懐(財布)が温まるなら、僕は一年中使い続けるよ。」


■ 2019/8/3 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5442目

●「熱中症に掛かるのは意外にも家の内が多いという話だが、何かしら安全対策を取らないとね。」

◆「これからは正月ではなく夏場に神社や寺に参詣する人が増えるかもよ。」

●「何を願うの?」

◆「熱中症を意識した意味での、家内安全さ。」


■ 2019/8/2 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5441目

●「異常なほどの高温続きで、エアコン設置には日数が掛かるから、手軽に設置できる扇風機が売れているんだって。」

◆「まさしく扇風(せんぷう)機が、旋風(せんぷう)を巻き起こしているんだね。」

●「量販店では扇風機が品薄状態。扇風機の在庫はあるかと尋ねても、扇風機ではなく店員が首を横に振っているよ。」


■ 2019/8/1 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5440目

●「熱中症の多くは家の中で起きるんだって。」

◆「家の中で?僕と妻は熱中症になりにくと思うけど。」

●「どうして?」

◆「新婚時代のアツアツだった熱中時期は過ぎ、今では僕と妻との間には冷たい隙間風が吹いているからさ。」


当ブログの創作小話を、他のブログやサイトに、無断で転載・掲載することは、ご遠慮をお願いします。


三遊亭楽春の創作小話バックナンバー (過去の全小話一覧はこちら)


三遊亭楽春HP (三遊亭楽春のサイトをお読みの方はこちら)


三遊亭楽春公式サイトの内容は、三遊亭楽春に著作権があり、文章・画像・写真を許可無く使用や転載することを禁じます。


« 三遊亭楽春|創作時事小話2019年8月31日 | トップページ | 三遊亭楽春|創作時事小話2019年9月1日 »