« 三遊亭楽春|創作時事小話2019年3月31日 | トップページ | 三遊亭楽春|創作時事小話2019年4月1日 »

三遊亭楽春|創作時事小話2019年3月分のまとめ

落語家・三遊亭楽春の創作小話コーナーです。(創作時事小話)

三遊亭楽春が最近の話題で小話を毎日創作しています。

2019年3月分をまとめて掲載しています。


◆閲覧時のお願い。

当ブログの創作小話を、他のブログやサイトに、無断で転載・掲載することは禁止のため、ご遠慮をお願いします。


■ 2019/3/31 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5317個目

●「今日、3月31日は、さん(3)さ(3)い(1)の語呂合わせで、山菜の日だって。」

◆「この時期の美味しい山菜は、まさに山の神からの恵みだね。」

●「山菜は値上げラッシュの家計を助けてくれる恵みだと、うちの山の神(妻)も喜んでいるよ。」


■ 2019/3/30 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5316個目

●「昨日、プロ野球が開幕。昨季優勝を逃した各チームのファンからすれば、再び優勝を取り戻してほしいだろうね。」

◆「プロ野球のオールドファンからすれば、再び地上波の放送権を取り戻して欲しいよ。」


■ 2019/3/29 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5315個目

●「偽のブランド時計を販売していた業者が逮捕されたよ。」

◆「だまされた人はお金を返して欲しいだろうね。」

●「僕はお金よりも時間だな。」

◆「どういうこと?」

●「今までの人生はすべて偽の時間だったらいいなと思うことがあり、時を返して欲しい気分になるからさ。」


■ 2019/3/28 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5314個目

●「ひさんなニュースを聞くと涙が出る毎日だぞ。」

◆「最近は悲惨(ひさん)なニュースが多いから、早く過ぎ(すぎ)去ってほしいよね。」

●「そうじゃなくて、花粉の爆発的な飛散(ひさん)のニュースを聞いて、眼から涙が出て止まらない話だよ。」

◆「花粉の話?」

●「涙は続くよ。だって、スギ(すぎ)去ったと思ったら、今度はヒノキがやってきたからね。」


■ 2019/3/27 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5313個目

●「これから多くの梅の花を見ることができるよ。」

◆「えっ、梅は終わって、桜の季節でしょ?」

●「桜の木の下を見てごらん。花見酒で酔って赤い顔をした人たちで沢山いで、まるで梅の花が満開になったようだからね。」


■ 2019/3/26 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5312個目

●「卒業式の定番歌、仰げば尊しを知らない学生が多いんだって。」

◆「スマホの時代だからね。」

●「それが何?」

◆「常にスマホの画面を見てうつむいているから、先生を仰ぎ見るという意味が分からないのかも。」

●「むしろ何でもすぐに教えてくれるスマホを、尊く仰いでいる生徒も多いかもしれないよ。」


■ 2019/3/25 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5311個目

●「この時期、僕は必要とされている幸せを感じるよ。」

◆「というと?」

●「花見のための場所取り、送別会のための店取りは、僕に任されているからさ。」

◆「君はそこに幸せを感じるのかい?」

●「ただ不安なこともあって。」

◆「何だい?」

●「新人が入社すると、予約係の仕事を奪われるんじゃないかと思って、不安で夜も眠れないのさ。」


■ 2019/3/24 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5310個目

●「ジャケットプレイの練習をしなくちゃ。」

◆「ジャケットを使ったアクションを?カッコつけて女性にモテたいの?」

●「いいや、日中は気温が高いが、朝晩は寒く、一日に何度もジャケットを脱いだり着たりする必要があるからさ。」


■ 2019/3/23 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5309個目

●「引退しても野球界への居場所を示し、更に存在(そんざい)感が増すとは、さすがイチローだね。」

◆「僕は定年で仕事を引退して、わかったことがあるよ。」

●「なんだい?」

◆「家庭内で居場所がなく、ぞんざい感が増すってことさ。」


■ 2019/3/22 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5308個目

●「最多安打や強肩(きょうけん)プレーでプロ野球で活躍した、イチローが引退を表明したよ。」

◆「ホームでの試合前に、妻が握ってくれたおにぎりの数が2800個だと感謝を述べたね。」

●「僕はイチローに感謝しているよ。」

◆「というと?」

●「イチローのエピソードを持ち出し、定年までにたった一度でいいから、昼食の弁当を作ってほしいと妻に言えるからさ。」

◆「君が会社でイチローほどの成績を残していれば、きっと奥さんは食べきれないほど、おにぎりを作ってくれたと思うけどね。」

●「それは言わないでくれよ。我が家での強権(きょうけん)は妻にあり、僕はホーム(家)でアウトになった気分になるから。」


■ 2019/3/21 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5307個目

●「この一週間ほどは各地で競い合って、開花ラッシュになりそうだね。」

◆「競う合う?僕には開花ラッシュと、値上げラッシュの競い合いに感じるよ。」

●「両者には大きな違いがあるけど。」

◆「なんだい?」

●「開花ラッシュは花が開き、値上げラッシュは財布が閉じるってことさ。」


■ 2019/3/20 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5306個目

●「食用(しょくよう)の油が値上げだって。」

◆「妻からもっと働いてくれと頼まれたよ。」

●「そうなの?」

◆「家計が苦しく、仕事をサボって職用(しょくよう)で油を売っている場合じゃないって。」


■ 2019/3/19 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5305個目

●「探査機はやぶさ2の調査によると、小惑星りゅうぐうには水を含んだ鉱物があることが分かったんだって。」

◆「もしかして生命体がいた可能性も?」

●「りゅうぐう(龍宮)だけに、過去の水にはタイやヒラメが泳いでいたかもね。」


■ 2019/3/18 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5304個目

●「3月前半は案外と雨が降り、降水量が多かったようだね。」

◆「その降水量の測定には、花粉による涙と鼻水の量も加算されているかい?」


■ 2019/3/17 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5303個目

●「今日は日曜日だが、君は家族サービスしているかい。」

◆「ハンバーグって凹ませるよね。」

●「たしかに、均等に熱を伝わせるため、ハンバーグは真ん中を凹ませるけど。」

◆「そうじゃなく、うちの子どもがハンバーグが好きだから、店に食べに連れてあげると言ったら。」

●「どうしたの?」

◆「いつもお母さんと二人で一緒に行っているから、行かないと言われてしまったよ。」

●「凹んだのはハンバーグじゃなく、君の方だったのか!」


■ 2019/3/16 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5302個目

●「電話詐欺が横行しているが、家族で合言葉を決めておくのも大切かな。」

◆「離れていても、合(あい)言葉が、家族の逢い(あい)言葉になるかもね。」


■ 2019/3/15 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5301個目

●「春闘の時期だが、最近の人は本来の春闘の意味が薄くなっているらしいね。」

◆「薄いどころか、最近の人は春闘の意味すら勘違いしているよ。」

●「意味を勘違い?」

◆「春になり花粉症と闘っている人の事だと思っているのさ。」


■ 2019/3/14 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5300個目

●「今日はホワイトデーだね。」

◆「僕にとっては悩みの多い時期だよ。」

●「バレンタインデーのお返しのことかい?」

◆「いいや、毎日のごとく花粉が真っ白に飛んで見える、ホワイトデーが悩みの種なんだよ。」


■ 2019/3/13 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5299個目

●「トヨタとJAXAが国際宇宙探査で協業し、月面を移動する有人探査車を開発する方向だって。」

◆「そうなの?」

●「君は月面に興味があるかい?月には水や有用金属の存在が指摘され、新たな出会いが待っているかもね。」

◆「気になるのは、月面より月末だよ。」

●「月末?」

◆「月末には有用なお金の存在が必要で、ローンの引き落としが待っているからさ。」


■ 2019/3/12 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5298個目

●「引っ越しシーズンだが、空間をうまく利用する空間デザイナーが注目されているんだって。」

◆「僕も依頼しようかな。」

●「引っ越し先のリンベーションに?」

◆「いいや、財布にたっぷり空いている空間を埋めて欲しいのさ。」


■ 2019/3/11 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5297個目

●「雨や曇りの日が続いて、晴天になることが少ないね。」

◆「今の時期、晴れ間を見て慌てて洗濯している人も多いだろうな。」

●「今の時期は、引っ越しで慌てている人も多いよ。」

◆「なぜ?」

●「三月は引っ越しシーズンだが、最近は引っ越し難民が多いと話題になっているからね。」

◆「なるほど。悩みの種は、洗濯(せんたく)以上に、転宅(てんたく)の方か。」


■ 2019/3/10 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5296個目

●「昨日3月9日は語呂合わせで脈(3・9)の日だって。健康維持のため脈拍に気を付ける趣旨のようだが。」

◆「スーパーに行って確かにそれを感じたよ。」

●「どういうこと?」

◆「値上げラッシュで、買い物のレシートを見た途端びっくりして、脈が急激に速くなったからさ。」


■ 2019/3/9 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5295個目

●「昨日3月8日は語呂合わせで、サ(3)バ(8)の日だったね。」

◆「サバは安くて健康効果があるとブームだが、需要(じゅよう)の拡大でサバが高騰しているぞ。」

●「今度はサバが値上げだって!値上げの受容(じゅよう)で、家計は縮小する一方だよ。」


■ 2019/3/8 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5294個目

●「日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告が、保釈保証金10億円で東京拘置所から保釈されたよ。」

◆「ゴーン氏は保釈時に、マスク、メガネ、帽子を着用。作業着姿が奇妙に映ったが。」

●「今の時期なら奇妙ではないよ。」

◆「なぜ?」

●「花粉症の対策で、マスク、メガネ、帽子を着用している人でいっぱいだからさ。」


■ 2019/3/7 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5293個目

●「春に三日の晴天無しというが、今日も空は雨模様だね。」

◆「三月に入り三日と開けずに値上げのニュースばかり。晴れないのは天気よりも、消費者の顔の方さ。」


■ 2019/3/6 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5292個目

●「大手食品会社では袋麺、カップ麺など、即席麺の値上げを発表したね。」

●「金欠で財布という袋が開かないので、値上した袋麺を開けられないよ。」

◆「これじゃ麺より先に消費者の方が伸びてしまうぞ。」


■ 2019/3/5 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5291個目

●「日本水産や紀文など大手では、すり身などの練り物製品の値上を決めたぞ。」

◆「僕の家では妻が練っているよ。」

●「何を?」

◆「家計をやりくりして、献立を練りに練っているのさ。」


■ 2019/3/4 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5290個目

●「某企業のアンケートによると、ストレスが溜まっていそうなアニメキャラのトップはドラえもんだって。」

◆「ドラえもんがストレス?ということは・・・。」

●「なんだい?」

◆「ドラえもんのポケットは、胃薬を入れるための袋かもね。」


■ 2019/3/3 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5289個目

●「今日3月3日は桃の節句・雛祭りだが、み(3)み(3)の語呂合せで耳の日でもあるよ。」

◆「妻と娘からもっと立派な雛壇が欲しいと文句を言われ、僕にとっては耳の日、いや、耳が痛い日だよ。」


■ 2019/3/2 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5288個目

●「今日3月2日はミ(3)ニ(2)の語呂合せで、小さいものを愛そうという日だって。」

◆「まさに僕が愛される日だよ。」

●「君の日とは?」

◆「小さな会社に入り、小さな家を建て、人として器が小さい事を自覚しているからさ。」


■ 2019/3/1 三遊亭楽春の創作小話(時事小話) 5287個目

●「今日から3月。春(はる)は職場の移動などで何かと慌ただしくなるね。」

◆「近所のスーパーでも慌ただしいよ。」

●「スーパーが?」

◆「3月になれば多数の品目の値上げラッシュが始まるから。」

●「それが?」

◆「価格の移動で、新しい値札を貼る(はる)作業が慌ただしくなるのさ。」


三遊亭楽春の創作小話バックナンバー (過去の全小話一覧はこちら)


三遊亭楽春HP (三遊亭楽春のサイトをお読みの方はこちら)


三遊亭楽春公式サイトの内容は、三遊亭楽春に著作権があり、文章・画像・写真を許可無く使用や転載することを禁じます。

 

« 三遊亭楽春|創作時事小話2019年3月31日 | トップページ | 三遊亭楽春|創作時事小話2019年4月1日 »