« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

三遊亭楽春|創作小話2015年11月30日

■ 2015/11/30 小話4101個目 三遊亭楽春の創作小話

●「昨日が11月29日で、いい肉(1129)の日だからって、妻が僕に内緒で高級ステーキを食べていたんだよ。」

◆「なぜ内緒にしたんだろう?」

●「高額だったから、言い難く(いいにく)かったんだろうね。」


三遊亭楽春|創作小話2015年11月29日

■ 2015/11/29 小話4100個目 三遊亭楽春の創作小話

●「今日11月29日は語呂合わせで、いい服(1129)の日だって。」

◆「そのせいか、女房が冬のボーナスで高価ないい服を買ってくれと言い出したんだ。」

●「どうするつもり?」

◆「期待するほどのボーナス額じゃないから無理だと、言い含(いいふく)めるのに苦労したよ。」

●「奥さんの返答は?」

◆「いつもでも薄着でいるのは、ボーナス袋だけにしてくれだってさ。」


三遊亭楽春|創作小話2015年11月28日

■ 2015/11/28 小話4099個目 三遊亭楽春の創作小話

●「冬服を出したら虫に食われていたよ。」

◆「防虫(ぼうちゅう)剤を入れ忘れたのかい?」

●「ちょうど忙しい最中だったから忘れてしまったよ。」

◆「忙しい最中?忙中(ぼうちゅう)で入れ忘れたのだね。」


三遊亭楽春|創作小話2015年11月27日

■ 2015/11/27 小話4098個目 三遊亭楽春の創作小話

●「入社して三年以内で辞める社員が増えているんだって。」

◆「昔は石(いし)の上にも三年(さんねん)といって我慢したものだが。」

●「今では意思(いし)が続かず残念(ざんねん)に変わったか。」

◆「新入社員の意思のせいだけじゃないだろうな。」

●「と、いうと?」

◆「石の上といえば、上司の重石が新人に効かなくなったせいもあると思うよ。」


三遊亭楽春|創作小話2015年11月26日

■ 2015/11/26 小話4097個目 三遊亭楽春の創作小話

●「旅行シーズンだが、君はどこに行きたい?」

◆「たまには家族と離れて、ゆっくり静かに過ごせる場所に行ってみたいなぁ。」

●「それなら最適な方法があるよ。」

◆「最適な方法?」

●「家族を旅行に行かせてあげて、君だけ家に残るのさ。」


三遊亭楽春|創作小話2015年11月25日

■ 2015/11/25 小話4096個目 三遊亭楽春の創作小話

●「男性は結婚後に太るという傾向があるらしいね。少しやせる努力をしないと。」

◆「僕にはその努力は必要はないよ。僕の代わりに結婚してから財布が痩せ細ってくれているからね。」

●「逆に、君の代わりに財布をメタボにしてあげたらどうだい。」


三遊亭楽春|創作小話2015年11月24日

■ 2015/11/24 小話4095個目 三遊亭楽春の創作小話

●「カップ麺やレトルト食品に、味をちょい足しして美味しくなる、ちょい足しグルメって知ってるかい?」

◆「僕はランチを美味しく食べる方法なら知っているけど。」

●「どうするの?」

◆「今の小遣いを、ちょい足しして貰えれば、ランチの旨さもアップするよ。」


三遊亭楽春|創作小話2015年11月23日

■ 2015/11/23 小話4094個目 三遊亭楽春の創作小話

●「今日は勤労感謝の日だが、元々は農作物の恵みに感謝する意味があるんだって。」

◆「勤労と農作物に関わりがあるのか。それは僕の家の食卓を見ればわかるよ。」

●「どうして?」

◆「家計の都合で食卓の品数(農作物)が少なく、もっと勤労に励んでくれと、妻に文句を言われているからね。」


三遊亭楽春|創作小話2015年11月22日

■ 2015/11/22 小話4093個目 三遊亭楽春の創作小話

●「11月22日は、いい夫婦(1122)の日だが、夫の歯ぎしりやイビキが嫌で寝室を別にする夫婦が多いんだって。」

◆「僕は寝室で歯ぎしりなんてしないよ。」

●「そうなの?」

◆「仕事で悔しい思いをすることが多く、会社でさんざん歯ぎしりをしているからさ。」


三遊亭楽春|創作小話2015年11月21日

■ 2015/11/21 小話4092個目 三遊亭楽春の創作小話

●「だんだん寒くなり厚手の衣類が必要になってきたね。」

◆「僕には今さらって感じだよ。」

●「どういうこと?」

◆「スーパーの安い惣菜がメインのおかず。いつだって衣が厚い天婦羅やフライばかり食べているからね。」


三遊亭楽春|創作小話2015年11月20日

■ 2015/11/20 小話4091個目 三遊亭楽春の創作小話

●「今の時期の野菜で、蓮根(れんこん)は健康効果があると注目されているね。」

◆「うちの上司に健康に良いと進めても、絶対に食べようとしないんだよ。」

●「あの上司の性格は皮肉屋だから、良いといわれると余計に拒否したがるのさ。」

◆「なるほど、斜(はす・蓮)に構えているわけか。」


三遊亭楽春|創作小話2015年11月19日

■ 2015/11/19 小話4090個目 三遊亭楽春の創作小話

●「ある調べによると、安倍総理の安倍という字を正確に漢字で書(か)けない人が、三割程度いるんだって。」

◆「あべという苗字はいろんな書き方があるからね。でも・・・。」

●「でも、なんだい?」

◆「安倍総理に日本の将来を賭(か)ける人は、何割いるのだろう?」


三遊亭楽春|創作小話2015年11月18日

■ 2015/11/18 小話4089個目 三遊亭楽春の創作小話

●「スムージーのせいで健康に弊害が出ているんだよ。」

◆「あれは健康の良いと評判だが、何か問題でも?」

●「妻がスムージーに凝っていて、朝食代わりに飲ませようとするんだよ。」

◆「それで?」

●「中身に凝りすぎて出来上がりが遅く、スムーズな出社ができなくて、ストレスが溜まってしまうのさ。」


三遊亭楽春|創作小話2015年11月17日

■ 2015/11/17 小話4088個目 三遊亭楽春の創作小話

●「国産初の小型ジェット旅客機(MRJ)が初飛行に成功したよ。」

◆「約50年ぶりの国産旅客機の飛行(ひこう)に関係者は沸き立ったね。」

●「50年ぶりかぁ。俺も50年前は非行(ひこう)少年だったなぁ。」

◆「おいおい、君の昔は悪かった非行話は、ただ浮いているだけだぞ。」


三遊亭楽春|創作小話2015年11月16日

■ 2015/11/16 小話4087個目 三遊亭楽春の創作小話

●「美味しい柿が出回る時期になったね。」

◆「僕も柿(かき)のように、渋みと甘みを持ち合わせた人間になりたいな。」

●「うちの上司はその逆さ。」

◆「逆?」

●「下期(かき)の業績の見通しが甘く、渋い顔をしているよ。」


三遊亭楽春|創作小話2015年11月15日

■ 2015/11/15 小話4086個目 三遊亭楽春の創作小話

●「今日は七五三だが、晴れ着で千歳飴を持つ子供の姿はかわいいな。」

◆「千歳飴は千年飴とも呼ばれるが、なぜ飴をなめさせるの?」

●「大人になると人生は甘くない事がわかるから、今のうちに甘さを与えておくんだよ。」

◆「確かに、君の人生は千年(せんねん)というより、残念(ざんねん)なことが多かったからね。」


三遊亭楽春|創作小話2015年11月14日

■ 2015/11/14 小話4085個目 三遊亭楽春の創作小話

●「今日11月14日は、いい(11)石(14)の日だって。」

◆「それを妻に話したら、輝くいい石が欲しいって言われたよ。」

●「それって宝石のことだよね。君は何て返事をしたの?」

◆「ただジッとしたまま、ボーとして、何事もなかったかのように聞き流したよ。」

●「なるほど、路傍の石になったんだね。」


三遊亭楽春|創作小話2015年11月13日

■ 2015/11/13 小話4084個目 三遊亭楽春の創作小話

●「猫は置いてある鍋や洗面器に入り込むが、どうやら猫は狭い場所を好む習性があるんだって。」

◆「だから僕の膝の上が好きなのか。」

●「君の膝の上?」

◆「家族中で僕が一番、肩身の狭い思いをしているからさ。」


三遊亭楽春|創作小話2015年11月12日

■ 2015/11/12 小話4083個目 三遊亭楽春の創作小話

●「冬の味覚、松葉ガニの漁が解禁。高級蟹の五輝星には70万円の初値がついたよ。」

◆「ボーナスでやっと買えるような金額だね。君は食べる予定はあるの?」

●「ハサミのせいでダメなんだ。」

◆「ハサミが苦手なの?あそこも美味しいはずだが?」

●「いいや、あの大きなハサミで、うちの家計と縁を切られているんだよ。」


三遊亭楽春|創作小話2015年11月11日

■ 2015/11/11 小話4082個目 三遊亭楽春の創作小話

●「今日、11月11日は語呂合わせし易いから、1年でいちばん記念日が多い日だって。」

◆「俺の中では上司の日だよ。」

●「なぜ?」

◆「俺のやる仕事に、いちいち文句を言ってくるからさ。」


三遊亭楽春|創作小話2015年11月10日

■ 2015/11/10 小話4081個目 三遊亭楽春の創作小話

●「暦の上で冬が始まる立冬を一昨日迎えたが、上着が要らないほどの暖かさだよ。」

◆「温暖化の影響で、立冬の意味が変わるかもね。」

●「どんなふうに?」

◆「冬の立場が無い日で、立冬だよ。」


三遊亭楽春|創作小話2015年11月9日

■ 2015/11/9 小話4080個目 三遊亭楽春の創作小話

●「この時期、りんごが赤くなると医者が青くなる、というヨーロッパでは諺を知ってるかい?」

◆「それは知らないが、青と赤に関する我が家の諺なら知ってるよ。」

●「君の家の?」

◆「青果が高くなると、うちの家計が赤(字)くなる、って諺さ。」


三遊亭楽春|創作小話2015年11月8日

■ 2015/11/8 小話4079個目 三遊亭楽春の創作小話

●「食欲(しょくよく)の秋だね。何か美味しいものを食べたかい?」

◆「失職中でお金がないから、美味しいものなど食べられないんだ。」

●「君は失職中だったのかぁ。」

◆「だから、僕の場合は仕事が欲しい、職欲(しょくよく)の秋なのさ。」


三遊亭楽春|創作小話2015年11月7日

■ 2015/11/7 小話4078個目 三遊亭楽春の創作小話

●「僕は寒くなると血行不良で肩こりがひどくなるんだ。」

◆「肩を叩いてあげようか?」

●「君がやってくれなくても、会社からさんざん叩かれているよ。」


三遊亭楽春|創作小話2015年11月6日

■ 2015/11/6 小話4077個目 三遊亭楽春の創作小話

●「若い人の間では、スマホのやりすぎで肩こり腰の痛みなどが起こる、スマホ肘(ひじ)が今後多発しそうだって。」

◆「大人の間では子どもが使った高いスマホ代を払わされて、脛(すね)をかじられ痛める人がすでに多発しているよ。」


三遊亭楽春|創作小話2015年11月5日

■ 2015/11/5 小話4076個目 三遊亭楽春の創作小話

●「今は読書週間だけど本を読んだかい?」

◆「妻に薦められて経済の勉強になる本を読んだよ。」

●「どんな本?」

◆「赤い文字で書かれた本だよ。」

●「赤い文字で?」

◆「赤字の家計簿を読んで、家計の苦しい経済事情の勉強をしろと言われたのさ。」


三遊亭楽春|創作小話2015年11月4日

■ 2015/11/4 小話4075個目 三遊亭楽春の創作小話

●「昨日は文化の日で休日だったが、何かした?」

◆「子どもたちと日本の文化について語り合ったよ。」

●「どうだった?」

◆「日本の文化は二か月ごとにあるんだって。」

●「二か月ごと?」

◆「10月にはハロウィン。12月にはクリスマス。2月にはバレンタインだってさ。」

●「それって、日本の文化だっけ?」


三遊亭楽春|創作小話2015年11月3日

■ 2015/11/3 小話4074個目 三遊亭楽春の創作小話

●「秋の夜長というが、君はどう過ごしている?」

◆「僕の場合、夜じゃなくて昼だけど。」

●「どういうこと?」

◆「リストラされて昼間から暇な空き身。空き(あき)の昼長さ。」


三遊亭楽春|創作小話2015年11月2日

■ 2015/11/2 小話4073個目 三遊亭楽春の創作小話

●「人気のモーターショウで未来の車が展示されたね。」

◆「ガソリンが無い、ハンドルが無い、自動運転で運転手が無い。」

●「未来の車には色々なものが無くなるんだね。」

◆「でも自動車業界が一番心配していることは、若者の自動車離れで未来の購買者が無いことさ。」


三遊亭楽春|創作小話2015年11月1日

■ 2015/11/1 小話4072個目 三遊亭楽春の創作小話

●「今日は寿司の日だって。君もたまには家族に寿司折りを土産に持って帰ったらどうだい。」

◆「朝から通勤電車ですし詰めになっているのに、帰りまで寿司に関わりたくないよ。」


三遊亭楽春|創作小話2015年11月分

落語家・三遊亭楽春の創作小話コーナーです。

三遊亭楽春が最近の話題で小話を毎日創作しています。

2015年11月分をまとめて掲載。


■ 2015/11/30 小話4101個目 三遊亭楽春の創作小話

●「昨日が11月29日で、いい肉(1129)の日だからって、妻が僕に内緒で高級ステーキを食べていたんだよ。」

◆「なぜ内緒にしたんだろう?」

●「高額だったから、言い難く(いいにく)かったんだろうね。」


■ 2015/11/29 小話4100個目 三遊亭楽春の創作小話

●「今日11月29日は語呂合わせで、いい服(1129)の日だって。」

◆「そのせいか、女房が冬のボーナスで高価ないい服を買ってくれと言い出したんだ。」

●「どうするつもり?」

◆「期待するほどのボーナス額じゃないから無理だと、言い含(いいふく)めるのに苦労したよ。」

●「奥さんの返答は?」

◆「いつもでも薄着でいるのは、ボーナス袋だけにしてくれだってさ。」


■ 2015/11/28 小話4099個目 三遊亭楽春の創作小話

●「冬服を出したら虫に食われていたよ。」

◆「防虫(ぼうちゅう)剤を入れ忘れたのかい?」

●「ちょうど忙しい最中だったから忘れてしまったよ。」

◆「忙しい最中?忙中(ぼうちゅう)で入れ忘れたのだね。」


■ 2015/11/27 小話4098個目 三遊亭楽春の創作小話

●「入社して三年以内で辞める社員が増えているんだって。」

◆「昔は石(いし)の上にも三年(さんねん)といって我慢したものだが。」

●「今では意思(いし)が続かず残念(ざんねん)に変わったか。」

◆「新入社員の意思のせいだけじゃないだろうな。」

●「と、いうと?」

◆「石の上といえば、上司の重石が新人に効かなくなったせいもあると思うよ。」


■ 2015/11/26 小話4097個目 三遊亭楽春の創作小話

●「旅行シーズンだが、君はどこに行きたい?」

◆「たまには家族と離れて、ゆっくり静かに過ごせる場所に行ってみたいなぁ。」

●「それなら最適な方法があるよ。」

◆「最適な方法?」

●「家族を旅行に行かせてあげて、君だけ家に残るのさ。」


■ 2015/11/25 小話4096個目 三遊亭楽春の創作小話

●「男性は結婚後に太るという傾向があるらしいね。少しやせる努力をしないと。」

◆「僕にはその努力は必要はないよ。僕の代わりに結婚してから財布が痩せ細ってくれているからね。」

●「逆に、君の代わりに財布をメタボにしてあげたらどうだい。」


■ 2015/11/24 小話4095個目 三遊亭楽春の創作小話

●「カップ麺やレトルト食品に、味をちょい足しして美味しくなる、ちょい足しグルメって知ってるかい?」

◆「僕はランチを美味しく食べる方法なら知っているけど。」

●「どうするの?」

◆「今の小遣いを、ちょい足しして貰えれば、ランチの旨さもアップするよ。」


■ 2015/11/23 小話4094個目 三遊亭楽春の創作小話

●「今日は勤労感謝の日だが、元々は農作物の恵みに感謝する意味があるんだって。」

◆「勤労と農作物に関わりがあるのか。それは僕の家の食卓を見ればわかるよ。」

●「どうして?」

◆「家計の都合で食卓の品数(農作物)が少なく、もっと勤労に励んでくれと、妻に文句を言われているからね。」


■ 2015/11/22 小話4093個目 三遊亭楽春の創作小話

●「11月22日は、いい夫婦(1122)の日だが、夫の歯ぎしりやイビキが嫌で寝室を別にする夫婦が多いんだって。」

◆「僕は寝室で歯ぎしりなんてしないよ。」

●「そうなの?」

◆「仕事で悔しい思いをすることが多く、会社でさんざん歯ぎしりをしているからさ。」


■ 2015/11/21 小話4092個目 三遊亭楽春の創作小話

●「だんだん寒くなり厚手の衣類が必要になってきたね。」

◆「僕には今さらって感じだよ。」

●「どういうこと?」

◆「スーパーの安い惣菜がメインのおかず。いつだって衣が厚い天婦羅やフライばかり食べているからね。」


■ 2015/11/20 小話4091個目 三遊亭楽春の創作小話

●「今の時期の野菜で、蓮根(れんこん)は健康効果があると注目されているね。」

◆「うちの上司に健康に良いと進めても、絶対に食べようとしないんだよ。」

●「あの上司の性格は皮肉屋だから、良いといわれると余計に拒否したがるのさ。」

◆「なるほど、斜(はす・蓮)に構えているわけか。」


■ 2015/11/19 小話4090個目 三遊亭楽春の創作小話

●「ある調べによると、安倍総理の安倍という字を正確に漢字で書(か)けない人が、三割程度いるんだって。」

◆「あべという苗字はいろんな書き方があるからね。でも・・・。」

●「でも、なんだい?」

◆「安倍総理に日本の将来を賭(か)ける人は、何割いるのだろう?」


■ 2015/11/18 小話4089個目 三遊亭楽春の創作小話

●「スムージーのせいで健康に弊害が出ているんだよ。」

◆「あれは健康の良いと評判だが、何か問題でも?」

●「妻がスムージーに凝っていて、朝食代わりに飲ませようとするんだよ。」

◆「それで?」

●「中身に凝りすぎて出来上がりが遅く、スムーズな出社ができなくて、ストレスが溜まってしまうのさ。」


■ 2015/11/17 小話4088個目 三遊亭楽春の創作小話

●「国産初の小型ジェット旅客機(MRJ)が初飛行に成功したよ。」

◆「約50年ぶりの国産旅客機の飛行(ひこう)に関係者は沸き立ったね。」

●「50年ぶりかぁ。俺も50年前は非行(ひこう)少年だったなぁ。」

◆「おいおい、君の昔は悪かった非行話は、ただ浮いているだけだぞ。」


■ 2015/11/16 小話4087個目 三遊亭楽春の創作小話

●「美味しい柿が出回る時期になったね。」

◆「僕も柿(かき)のように、渋みと甘みを持ち合わせた人間になりたいな。」

●「うちの上司はその逆さ。」

◆「逆?」

●「下期(かき)の業績の見通しが甘く、渋い顔をしているよ。」


■ 2015/11/15 小話4086個目 三遊亭楽春の創作小話

●「今日は七五三だが、晴れ着で千歳飴を持つ子供の姿はかわいいな。」

◆「千歳飴は千年飴とも呼ばれるが、なぜ飴をなめさせるの?」

●「大人になると人生は甘くない事がわかるから、今のうちに甘さを与えておくんだよ。」

◆「確かに、君の人生は千年(せんねん)というより、残念(ざんねん)なことが多かったからね。」


■ 2015/11/14 小話4085個目 三遊亭楽春の創作小話

●「今日11月14日は、いい(11)石(14)の日だって。」

◆「それを妻に話したら、輝くいい石が欲しいって言われたよ。」

●「それって宝石のことだよね。君は何て返事をしたの?」

◆「ただジッとしたまま、ボーとして、何事もなかったかのように聞き流したよ。」

●「なるほど、路傍の石になったんだね。」


■ 2015/11/13 小話4084個目 三遊亭楽春の創作小話

●「猫は置いてある鍋や洗面器に入り込むが、どうやら猫は狭い場所を好む習性があるんだって。」

◆「だから僕の膝の上が好きなのか。」

●「君の膝の上?」

◆「家族中で僕が一番、肩身の狭い思いをしているからさ。」


■ 2015/11/12 小話4083個目 三遊亭楽春の創作小話

●「冬の味覚、松葉ガニの漁が解禁。高級蟹の五輝星には70万円の初値がついたよ。」

◆「ボーナスでやっと買えるような金額だね。君は食べる予定はあるの?」

●「ハサミのせいでダメなんだ。」

◆「ハサミが苦手なの?あそこも美味しいはずだが?」

●「いいや、あの大きなハサミで、うちの家計と縁を切られているんだよ。」


■ 2015/11/11 小話4082個目 三遊亭楽春の創作小話

●「今日、11月11日は語呂合わせし易いから、1年でいちばん記念日が多い日だって。」

◆「俺の中では上司の日だよ。」

●「なぜ?」

◆「俺のやる仕事に、いちいち文句を言ってくるからさ。」


■ 2015/11/10 小話4081個目 三遊亭楽春の創作小話

●「暦の上で冬が始まる立冬を一昨日迎えたが、上着が要らないほどの暖かさだよ。」

◆「温暖化の影響で、立冬の意味が変わるかもね。」

●「どんなふうに?」

◆「冬の立場が無い日で、立冬だよ。」


■ 2015/11/9 小話4080個目 三遊亭楽春の創作小話

●「この時期、りんごが赤くなると医者が青くなる、というヨーロッパでは諺を知ってるかい?」

◆「それは知らないが、青と赤に関する我が家の諺なら知ってるよ。」

●「君の家の?」

◆「青果が高くなると、うちの家計が赤(字)くなる、って諺さ。」


■ 2015/11/8 小話4079個目 三遊亭楽春の創作小話

●「食欲(しょくよく)の秋だね。何か美味しいものを食べたかい?」

◆「失職中でお金がないから、美味しいものなど食べられないんだ。」

●「君は失職中だったのかぁ。」

◆「だから、僕の場合は仕事が欲しい、職欲(しょくよく)の秋なのさ。」


■ 2015/11/7 小話4078個目 三遊亭楽春の創作小話

●「僕は寒くなると血行不良で肩こりがひどくなるんだ。」

◆「肩を叩いてあげようか?」

●「君がやってくれなくても、会社からさんざん叩かれているよ。」


■ 2015/11/6 小話4077個目 三遊亭楽春の創作小話

●「若い人の間では、スマホのやりすぎで肩こり腰の痛みなどが起こる、スマホ肘(ひじ)が今後多発しそうだって。」

◆「大人の間では子どもが使った高いスマホ代を払わされて、脛(すね)をかじられ痛める人がすでに多発しているよ。」


■ 2015/11/5 小話4076個目 三遊亭楽春の創作小話

●「今は読書週間だけど本を読んだかい?」

◆「妻に薦められて経済の勉強になる本を読んだよ。」

●「どんな本?」

◆「赤い文字で書かれた本だよ。」

●「赤い文字で?」

◆「赤字の家計簿を読んで、家計の苦しい経済事情の勉強をしろと言われたのさ。」


■ 2015/11/4 小話4075個目 三遊亭楽春の創作小話

●「昨日は文化の日で休日だったが、何かした?」

◆「子どもたちと日本の文化について語り合ったよ。」

●「どうだった?」

◆「日本の文化は二か月ごとにあるんだって。」

●「二か月ごと?」

◆「10月にはハロウィン。12月にはクリスマス。2月にはバレンタインだってさ。」

●「それって、日本の文化だっけ?」


■ 2015/11/3 小話4074個目 三遊亭楽春の創作小話

●「秋の夜長というが、君はどう過ごしている?」

◆「僕の場合、夜じゃなくて昼だけど。」

●「どういうこと?」

◆「リストラされて昼間から暇な空き身。空き(あき)の昼長さ。」


■ 2015/11/2 小話4073個目 三遊亭楽春の創作小話

●「人気のモーターショウで未来の車が展示されたね。」

◆「ガソリンが無い、ハンドルが無い、自動運転で運転手が無い。」

●「未来の車には色々なものが無くなるんだね。」

◆「でも自動車業界が一番心配していることは、若者の自動車離れで未来の購買者が無いことさ。」


■ 2015/11/1 小話4072個目 三遊亭楽春の創作小話

●「今日は寿司の日だって。君もたまには家族に寿司折りを土産に持って帰ったらどうだい。」

◆「朝から通勤電車ですし詰めになっているのに、帰りまで寿司に関わりたくないよ。」


◆閲覧時のお願い。

当ブログの創作小話を、他のブログやサイトに、無断で転載・掲載することは禁止のため、ご遠慮をお願いします。


三遊亭楽春の創作小話バックナンバー (過去の全小話一覧)


三遊亭楽春公式ブログ (ブログのトップへ)


三遊亭楽春公式サイト (PC版サイトのトップへ)


三遊亭楽春公式ブログ(三遊亭楽春公式サイト)の内容は、三遊亭楽春に著作権があり、文章・画像・写真を許可無く使用や転載することを禁じます。


« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »