« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

三遊亭楽春|創作小話2005年11月分

落語家・三遊亭楽春の創作小話コーナーです。

三遊亭楽春が最近の話題で小話を毎日創作しています。

2005年11月分をまとめて掲載しています。

-------------------------------------------------

■ 2005/11/30 その447 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「ヤンキース松井秀喜選手が帰国会見を開いたね。」

◆「女優・戸田菜穂さんとの熱愛について語ったの?」

●「それは口に戸だ(戸田)よ!」

◆「もっと突っ込んで聞けばいいのに。」

●「彼は意思が強いから、なお(菜穂)語らずだよ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/11/29 その446 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「弁護士名義貸しで民主党の議員が逮捕されたね。」

◆「民主党は除籍処分とし議員辞職も求めるようだよ。」

●「名義を貸して、議員の名も弁護士の名もなくすとは・・・。」

◆「もう誰もかばってくれないのだから、自分の弁護は自分でするしか無いだろうね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/11/28 その445 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「日本ハムの新庄選手が漫画の主人公になる話はどう思う?」

◆「漫画業界も気厳しいから模索しているんだね。心情(しんじょう・新庄)的には理解できるよ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/11/27 その444 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「ベストセラー節約のススメの著者が逮捕されたよ。」

◆「知人に成り済まして戸籍を偽造、不正に婚姻届を提出したんだってね。」

●「夫婦愛を売り物にしていたが、それも偽造だったとは。」

◆「戸籍まで他人のもので節約とは驚きだよ。」

●「カリスマ主婦は、仮住まい(カリスマ)だったんだね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/11/26 その443 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「俳優・赤井英和さん宅に泥棒が入ったよ。現金約50万円や腕時計などを盗まれたんだってさ。」

◆「浪花のロッキーも泥棒にグロッキーだね。」

●「いやぁ、泥棒の方が運が良かったのさ。だって浪花のロッキーに見つかっていたら、今頃、顔の形が変わるぐらいにKOされていたよ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/11/25 その442 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「マンションの耐震問題で被害が広がっているよ。」

◆「信用をも裏切る、対信(たいしん)問題だよ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/11/24 その441 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「鳥インフルエンザがますます深刻な事態になってるよ。」

◆「これから温かい鍋の季節だというのに困ったなぁ。」

●「鳥のダシで灰汁(アク)が浮かんでくるとドキッとするね。」

◆「そんなときは退治してくれる専門職がいるから大丈夫さ。」

●「退治する専門職?」

◆「アク(悪)には、鍋奉行が立ち向かうものさ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/11/23 その440 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「みずほ銀行によると、昨年の年末ジャンボ宝くじの当選券の、計22億5000万円分がまだ換金されていないらしいよ。」

◆「そんなに余っているなら、はずれ券の復活抽選会があるといいのにね。」

●「タカラクジのタを抜いて、カラクジ無しっていう宣伝文句はどうかな?」

◆「タを抜く?いいね。誰もが他(タ)を抜いて高額当選したいからね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/11/22 その439 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「元・おニャン子クラブの三人が、おニャン子クラブDVD発売記念イベントを開催した。」

◆「当時のおニャン子は絶大な人気で、まさにネコの手も借りたいほどだったようだね。」

●「あれから20年。みんな三十代後半になっているよ。」

◆「今の若い子から見ればおニャン子クラブは、夜のクラブのママ達の集まりに見えるだろうね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/11/21 その438 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「フィギュアスケート女子の安藤美姫、フリースタイルスキーの上村愛子、スピードスケートの岡崎朋美が、缶コーヒーのデザインとして登場するんだってさ。」

◆「コーヒー飲んで、目の覚めるような活躍を期待するということかな。」

●「来年のトリノ冬季五輪の公式飲料だってさ。」

◆「皆な美人だからね。トリノというより、飲んだらきっと虜(トリコ)になるよ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/11/20 その437 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「東京国際女子マラソンで高橋尚子が復活優勝したよ。」

◆「Qちゃんらしく、まさに化け物的な復活だよ。」

●「右脚に肉離れをしての優勝は見事だね。」

◆「それに小池監督から独立して優勝ってところに価値があるよ。」

●「なるほど、肉離れより、親離れだね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/11/19 その436 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「耐震不足構造不足のマンション、構造計算書を偽造した問題はひどいよね。」

◆「家は一生の買い物だから、騙された住民は悔しいだろうなぁ。」

●「耐震不足とは・・・いつ地震が来るかわからないし不安だよ。」

◆「地震が来る前に、すでに住民が怒りに耐えきれずに震えているよ。」

●「建築構造を見直す前に、建築業界自体の構造を見直すべきだね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/11/18 その435 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「小泉総理は任期終了後の延長はないと明言しているね。」

◆「郵政問題で人気が上がったが、任期(にんき)終了頃には、人気(にんき)が落ちると感じているのさ。」

●「任期終了後はオペラや観劇を沢山したいそうだね。」

◆「観劇(かんげき)?なるほど、彼は感激(かんげき)家だからね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/11/17 その434 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「いよいよボジョレー・ヌーヴォー解禁だね。」

◆「若さいっぱいのワインは、政界でいえば杉村太蔵議員のようだね。」

●「今年のボジョレー・ヌーヴォーは最高の出来だというが。」

◆「杉村議員の出来は?」

●「しばらく寝かせた方がいいと思っている人もいるだろうね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/11/16 その433 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「紀宮さまがご結婚。これからは黒田清子さんに。」

◆「結婚式は清子さんの名のごとく、華美でなく清々しく清らかな雰囲気漂うものだったよ。」

●「衣装は皇后様の着物を借りたそうだね。」

◆「どうりで躾(しつけ・仕付け)の良さを感じたよ。」

●「皇室から民間人への不安があるが?」

◆「清子さんは皇室(こうしつ)のお方だったが、けっして硬質(こうしつ)ではなく、柔軟な考えをお持ちだから大丈夫さ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/11/15 その432 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「覚せい剤所持容疑で人気アニメ・セーラームーンの作曲家が逮捕されたよ。」

◆「覚せい剤を使えば、良い曲ができるとでも思ったのかな?」

●「それじゃ作曲家じゃなく、錯覚家だよ。」

◆「しばらくは月も出ない闇夜の思いをするだろうね。」

●「当然さ。月に代わって警察がお仕置きだよ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/11/14 その431 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「千葉ロッテがアジアシリーズも制覇したね。」

◆「これで交流戦・リーグ戦・日本シリーズと合わせて四冠(よんかん)だよ。」

●「まぁ、ファンは今回も勝つ予感(よかん)はしてたけどね。」

◆「世界シリーズの実現へ向けて、ブッシュ大統領に働きかけるようだよ。」

●「ブッシュに一押しプッシュだね。」

◆「バレンタイン監督とブッシュ大統領は、大リーグのレンジャーズ時代のオーナーと監督の関係だからね。」

●「レンジャーズならぬ、世界一へのチャレンジャーだ!」

-------------------------------------------------

■ 2005/11/13 その430 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「日本ハムの新庄剛志選手が連載漫画のヒーローになるんだってさ。」

◆「しかも保険会社勤務のサラリーマンの設定で。」

●「保険会社勤務の漫画のヒーローになるなんて、まさか野球選手を引退後の保険じゃないだろうね。」

◆「新庄は漫画以上に面白い男だよ。よく事実は小説より奇なりというが。」

●「新庄は漫画より奇なりだね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/11/12 その429 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「スキー・女子モーグルのメダリスト里谷多英が、全日本スキー連盟を訪れ暴行騒ぎを謝罪したよ。」

◆「姿を現さずにこのままどこかにモグルと思ったがやっと出てきたね。」

●「事実で無い報道もされたようだよ。」

◆「連盟の強化指定選手からも外れたし。」

●「しばらくは堪え(多英)に堪えるしかないようだなぁ。」

◆「好き(スキー)ではじめたことだしね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/11/11 その428 三遊亭楽春(落語家)創作小話

今年は例年より紅葉が遅い色付き。

紅葉とかけて 初めてのお見合いととく 、そのこころは ほんのり赤くなります。

紅葉とかけて そのお見合いの結果ととく 、そのこころは 気(黄)になる母(葉々)。

-------------------------------------------------

■ 2005/11/10 その427 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「なにかと話題を振りまく杉村太蔵議員が、今後はニート達と対談したね。」

■「ニートと対談はいいけど、当人は政治家としてのニーズはあるのかな?」

●「少なくとも、武部幹事長と大仁田厚にとっては、人気便乗のニーズはあるようだね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/11/9 その426 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「ディープインパクトで三冠制覇を達成した武豊が、ベストスマイルオブザイヤー賞を獲得したよ。」

◆「まさにインパクトのある笑顔だったね。」

●「まぁあれだけ勝てば、ステキな笑顔(スマイル)も出るよ。」

◆「一方、競馬で負けた人は・・・スマイル無し。」

●「ディープインパクトじゃなく、ディープブルーって感じだね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/11/8 その425 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「11月に入って早くも町はクリスマスモードだね。」

◆「デパートではクリスマス商戦に向け、煌びやかなイルミネーションの飾りつけになっているよ。」

●「その分、毎年、日本の正月らしさがなくなっていくねぇ。」

◆「仕方ないさ。クリスマスは強いよ。例えば、クリスマスvs日本の正月で相撲を取らせてごらん。」

●「どうなる?」

◆「吊り(ツリー)出しでクリスマスが勝つよ。」

●「なるほど、正月は尻餅をつく(餅つき)わけか。」

-------------------------------------------------


■ 2005/11/7 その424 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「東京都交通局は都営バスの男性運転手3人を懲戒免職にしたよ。」

◆「乗車料金を総額で110万円を盗んだとあれば、首が飛ぶのも当然だ。」

●「それにしても懲戒免職とは早い対応だったね。」

◆「ああ、都バス(飛ばす)だからね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/11/6 その423 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「楽天とベイスターズが合併の噂。どうなる?」

◆「楽天的な見方はできないなぁ。」

●「楽天・三木谷オーナーの行動は、秋季(しゅうき)キャンプの選手達を激震させたからね。」

◆「球団の二重保有は、秋季(しゅうき)というより、正気(しょうき)とは思えない行動だよ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/11/5 その422 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「例年の紅葉時期に比べ、今年は約10日ほど色付きが遅れているようだよ。」

◆「紅葉の名所、東照宮近辺は今が見頃。多くの観光客が訪れているってさ。」

●「東照宮といえば、三猿の見ザル・言わザルが有名だね。」

◆「おいおい、それじゃ一猿足りないよ。」

●「これでいいのさ。その分、観光客が着飾る(聞かザル)からね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/11/4 その421 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「ラ・フランスが美味しい季節になってきたね。」

◆「産地の山形県には問い合わせも多いらしいよ。」

●「秋の味覚は美味しいからね。」

◆「でも、仕事の取引先から送られてきたら気をつけた方がいいね。」

●「なぜだい?」

◆「お前はもう用無し(洋ナシ)だーっていう合図かもよ!」

-------------------------------------------------

■ 2005/11/3 その420 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「野村克也シダックス監督が来期の楽天監督に決定したね。ただ、年内はシダックスの監督を続けるようだよ。」

◆「二兎を追うものは一兎も得ずというが、秋季(しゅうき)キャンプにも参加しないで大丈夫かな?」

●「野村監督が仙台(せんだい)がいいと感じるか、楽天のファンが先代(せんだい)の監督が良かったと思うか、どちらの結果になるか楽しみだね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/11/2 その419 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「東証のシステム障害が起こったよ。」

◆「午前中、前面停止になるという異例の事態が起きたね。」

●「日本マーケットに不安をもたらす障害だよ。」

◆「金融庁も想定を超す規模だと驚いたようだが。」

●「東証(とうしょうは)は、どうしようと、と不安で右往左往?」

◆「これがいわゆる金融不安?」

●「まぁきっと(マーケット)直るだろうと、中にはのんびりした人もいたかもよ。」

◆「なんとか操作できるように直ったが。」

●「これぞホントの株価操作だね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/11/1 その418 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「総裁任期が切れる最後の組閣が発足したね。」

◆「小泉劇場(げきじょう)としてはサプライズ無しの顔ぶれだが。」

●「いやいや、小泉さんは激情型の人。郵政民営化に反対した議員をバッサリ切った例もあるから、まだまだ何があるかわからないよ。」

◆「小泉激情(げきじょう)だね。」


◆閲覧時のお願い。

当ブログの創作小話を、他のブログやサイトに、無断で転載・掲載することは禁止のため、ご遠慮をお願いします。


三遊亭楽春の創作小話バックナンバー (過去の全小話一覧)


三遊亭楽春公式ブログ (ブログのトップへ)


三遊亭楽春公式サイト (PC版サイトのトップへ)


三遊亭楽春公式ブログ(三遊亭楽春公式サイト)の内容は、三遊亭楽春に著作権があり、文章・画像・写真を許可無く使用や転載することを禁じます。


« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »