« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

三遊亭楽春|創作小話2005年2月分

落語家・三遊亭楽春の創作小話コーナーです。

三遊亭楽春が最近の話題で小話を毎日創作しています。

2005年2月分をまとめて掲載しています。

-------------------------------------------------

■ 2005/2/28 その172 三遊亭楽春(落語家)創作小話

藤美姫、荒川静香、村主章枝など、フィギアスケートが注目を集めている。

●「フィギアスケートは、技と演技力が審査員の評価につながるんだね。」(^^)

◆「なるほど、氷上の表情が評定を決めるわけか。」(^_^;)

-------------------------------------------------

■ 2005/2/27 その171 三遊亭楽春(落語家)創作小話

ゴールドコースト(オーストラリア)でのANZ女子ゴルフで、宮里藍選手1打差でカリー・ウェブに負け優勝を逃す。

●「惜しくもカップを外し、一つ下がって優勝を逃したね。」

◆「まるで、彼女との初めてのベッドインのようだよ。」

●「なぜだい?」

◆「ブラジャーのカップを外すと、大きさが一つ下がるからさ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/2/26 その170 三遊亭楽春(落語家)創作小話

ゴールドコースト(オーストラリア)でのANZ女子ゴルフで宮里藍選手はトップをキープ!

●「宮里藍ちゃんは豪快に飛ばしているなぁ。」

◆「だって場所がオーストラリア(豪)だからね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/2/25 その169 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「コクドの堤前会長が株問題で特捜部の事情(じじょう)聴取を受けたよ。」

◆「自身の株を下げないように、自浄(じじょう)が望まれるね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/2/24 その168 三遊亭楽春(落語家)創作小話

サッカーのベッカム選手に三男誕生!

●「三人の子を授かるとは、さすがゴールを決めるのは得意だね。」(^^ゞ

◆「今後の奥さんの課題は、ベッカムの浮気をどうナイスセーブするかだね。」(^_^;)

●「なぁに、もし浮気したら、思いっきり蹴りを入れればいいさ。」(^◇^;)

-------------------------------------------------

■ 2005/2/23 その167 三遊亭楽春(落語家)創作小話

流行性感冒(インフルエンザ)が猛威を振っていて、過去の記録を上回る大流行となる可能性があるという。

●「インフルエンザって、まるで落合監督のオレ流ドラゴンズのようだね。」

◆「なぜだい?」

●「竜、こうせい!(流行性)って感じで、やりたいようにオレ流を貫いているからさ。」

◆「まぁ、旧年同様にペナントレースで猛威を振るってくれれば文句はないよ。」

●「観望(感冒)するしかないね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/2/22 その166 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「暖かい春の日差しが待ち遠しいよ。」

◆「懐は寒いまま。日差しじゃなく、安価なメザシの毎日さ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/2/21 その165 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「プロ野球の日本ハムの新人のダルビッシュ投手(18)が、キャンプ中、パチンコ店で喫煙したとして謹慎処分になったよ。」

◆「球を打たせない投手が、玉を打っていたんじゃシャレにならないよ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/2/20 その164 三遊亭楽春(落語家)創作小話

この時期、気温の変化が激しいため、場所によっては霧が発生。時には濃霧になることも。

●「慣れない霧でハンドル取られて、キリキリまいする車も多いんだってさ。」

◆「なかには事故の原因を霧のせいにして、本当は飲酒運転だった奴もいるんだよ。」

●「それじや、濃霧(飲ーむ)注意報だよ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/2/19 その163 三遊亭楽春(落語家)創作小話

第28回日本アカデミー賞の発表され、18日に授賞式が開かれた。

●「秀作そろいだけど、今年は大作がなくどれも小粒だねぇ。」

◆「映画は好きだから、映画会社にはもっと頑張って欲しいなぁ。
  でも、あれだけ隆盛を誇っていた映画が、なぜ斜陽産業になってしまったのだろう?」

●「それは昔からわかっていたことだよ。
  祇園精舎を思い出してごらん、栄華(映画)は滅びるものさ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/2/18 その162 三遊亭楽春(落語家)創作小話

ライブドアvsフジテレビの全面戦争がますます加熱。

●「堀江氏は出演していたフジテレビのバラエティー番組、平成教育2005予備校を降板させられたね。」

◆「東大中退の堀江氏が予備校も中退とは。」

●「いや、中退じゃなく、この場合は退学処分だよ。」

◆「フジテレビの日枝会長は、こちらには世界的な弁護士が、付いているから大丈夫だと言ってるよ。」

●「世界的な弁護士?さすがフジテレビは法曹界(放送界)に強いね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/2/17 その161 三遊亭楽春(落語家)創作小話

各地で不審火が多数発生。放火の疑いも。

●「不審火といってもどうやら放火が多いようだね。」

◆「このあいだ放火で捕まったのは、無職の若い女だったよ。」

●「なるほど、家事(火事)手伝いかぁ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/2/16 その160 三遊亭楽春(落語家)創作小話

北朝鮮の核保有宣言とかけて、下手な浮気ととく、そのこころは、隠しても必ずバレます。

北朝鮮の核保有宣言とかけて、春の訪れととく、そのこころは、あったかい?やはりあったかい(暖ったかい)。

-------------------------------------------------

■ 2005/2/15 その159 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「ホワイトディって本当は何のためにあるんだい?」

◆「バレンタインデーのお返し予定が真っ白(ホワイト)な人のためさ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/2/14 その158 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「2/14はバレンタインデー。チョコをいっぱい貰えた人はスウィートな気分だね。」

◆「少なかった人はビターな気分さね。」

●「まったく貰えない人はブラックな気分だよ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/2/13 その157 三遊亭楽春(落語家)創作小話

中日が沖縄春季キャンプを行っている読谷球場で野球用具が盗難された。

●「ミットが無くなってしまうとは、練習の時みっとも無いねぇ。」

◆「盗塁するためのスパイクが盗まれるとは・・・これじゃ塁の盗みが出来ないよ。」

●「牽制(けんせい)球ならぬ、警察の権勢(けんせい)を発揮して犯人を逮捕して欲しいね。」

◆「コーチのノックバットも盗られたってさ。」

●「きっと盗られたコーチは、犯人をノックアウトさせたいだろうね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/2/12 その156 三遊亭楽春(落語家)創作小話

チリ司法当局は青森県住宅供給公社の巨額横領事件で一躍有名となった、チリ人妻アニータを売春強要容疑で逮捕した。

●「苦々しく思っていた青森県民に一足早い春が訪れたね。」

◆「春を売って逮捕され、青森に春を与えるとは皮肉だなぁ。」

●「春は曙というが、青森県民にとって本当の夜明けとなればいいね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/2/11 その155 三遊亭楽春(落語家)創作小話

イギリスのチャールズ皇太子と、30年来の交際相手だったカミラさんの再婚が発表された。

●「ダイアナ元妃への配慮もあって、なかなか再婚とはいかずに、30年来の長き交際となってしまったんだね。」

◆「30年かぁ。なるほどチャールズ皇太子も年を取るわけだ。今じゃ頭の髪が少し後退し(皇太子)た感じがするよね。」

●「そうかぁ、だからカミ(髪)ラが必要だったんだ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/2/10 その154 三遊亭楽春(落語家)創作小話

W杯アジア最終予選は日本2-1北朝鮮で日本が勝利。

●「劇的な勝利だったね。今でも興奮しているよ。」

  
◆「それにしても埼玉スタジアムは色尽くしだったね。」

●「色尽くし?」

◆「日本のユニフォームは青。北朝鮮は白。
  北朝鮮応援団は赤く染まっていただろ。」

●「うん、それが?」

◆「いきなり日本にゴールを決めらた北朝鮮は頭が真っ白。後半逆転されて日本は真っ青。興奮した北朝鮮応援団は顔が真っ赤。」

●「ほ~、なるほど。あとは?」

◆「最後は大黒が決勝ゴールを決めて、北朝鮮に黒星をつけたよ。」

●「なるほど、それで日本のサポーターは黄色い歓声ってわけだね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/2/9 その153 三遊亭楽春(落語家)創作小話

静岡県の浜松城北工業高校の国語の入試問題が、前年度とほぼ同じ出題だったミスがあり、国語の再試験を実施した。

●「特に四字の漢字穴埋め問題が、ほとんど昨年と同じだってさ。」

◆「四字の漢字穴埋め?ならいっそこんな漢字にすればどうかな。」

●「どんな漢字?」

◆「昨年同様、以下同文、軽率謝罪。」

●「なるほど。でも受験生にはたいへんな迷惑だね。」

◆「受験生からすれば、一見楽勝、一転落胆、渋々追試って感じ(漢字)だろうね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/2/8 その152 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「萩本欽一監督が率いる球団・ゴールデンゴールズの経済状況が心配されるね。」

◆「心配ないよ。球団の名前を見てごらん。」

●「名前?」

◆「いつかはゴールデン番組に進出するつもりなのさ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/2/7 その151 三遊亭楽春(落語家)創作小話

タレントの萩本欽一監督が率いる「茨城ゴールデンゴールズ」が、バス2台に分乗してキャンプ地の宮崎県日向市に向け東京駅を出発し、約24時間かけて到着。地元市民に大歓迎を受けた。

●「飛行機代がないからバス移動とはすごいね。」

◆「途中で選手達を、何人か乗せながらの移動だってさ。」

●「それじゃまるで田舎の路線バスみたいだね。」

◆「そんなにお金がないのかな?」

●「そりゃそうさ。だって欽ちゃんという字を見てご覧よ。金を欠と書くんだよ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/2/6 その150 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「早く暖かくならないかな。」

◆「合格発表の掲示板を見る気分だね。」

●「なぜだい?」

◆「貼る(春)のが待ち遠しいからさ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/2/5 その149 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「まだまだ寒いね。」

◆「気候(きこう)のこと?それとも懐のこと?」

●「君の懐のことは聞こう(きこう)とも思わないよ。」

-------------------------------------------------

■ 2005/2/4 その148 三遊亭楽春(落語家)創作小話

歌手の森昌子さんが、脳貧血と不眠症のため薬をのんで意識を失い、病院に緊急入院した。

●「歌手の森昌子さんが、飲んだ薬が体に合わず、自宅で倒れ救急車で病院に運ばれたよ。」

◆「家族も驚いただろうね。でもたいしたこと無くて本当に良かったね。僕は彼女のデビュー曲、先生の頃からのファンだから心配したよ。」

●「最初に誰に助けを求めたのだろう?夫の森進一さんかな?それとも所属事務所のマネージャーかな?」

◆「先生♪、先生♪、それは(病院の)せんせ~~い~~♪」

-------------------------------------------------

■ 2005/2/3 その147 三遊亭楽春(落語家)創作小話

日本列島にたいへんな寒気が入り込み各地で大雪が。

●「寒気(かんき)で大雪が降り、スキー場では歓喜(かんき)の声を上げているだろうね。」

◆「だからって、仕事休んでスキー場ばかり行ってると、勘気(かんき・主人や父からの咎め)を受けるよ。」

●「それに大雪で交通事故も多くなるだろうから、気をつけるように注意を喚起(かんき・呼び掛け)しなきゃね。」

-------------------------------------------------

■ 2005/2/2 その146 三遊亭楽春(落語家)創作小話

BSEが発生して米国産牛肉の輸入がストップして以来、国産牛肉が週間小売価格調査最高値を更新した。(農水省が1/31発表)

国産牛肉とかけて、春待ち遠しい梅の開花ととく、そのこころは、今日は咲いたかね?(最高値)。

-------------------------------------------------

■ 2005/2/1 その145 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「BSEの解決はまだかい?」

◆「牛の歩みのようだよ。」


◆閲覧時のお願い。

当ブログの創作小話を、他のブログやサイトに、無断で転載・掲載することは禁止のため、ご遠慮をお願いします。


三遊亭楽春の創作小話バックナンバー (過去の全小話一覧)


三遊亭楽春公式ブログ (ブログのトップへ)


三遊亭楽春公式サイト (PC版サイトのトップへ)


三遊亭楽春公式ブログ(三遊亭楽春公式サイト)の内容は、三遊亭楽春に著作権があり、文章・画像・写真を許可無く使用や転載することを禁じます。


« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »