« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

三遊亭楽春|創作小話2004年10月分

落語家・三遊亭楽春の創作小話コーナーです。

三遊亭楽春が最近の話題で小話を毎日創作しています。

2004年10月分をまとめて掲載しています。

-------------------------------------------------

■ 2004/10/31 その52 三遊亭楽春(落語家)創作小話

11/2のオーナー会議でプロ野球の新規入団が決まる。

参入は、楽天の三木谷氏か?ライブドアの堀江氏か?

さらに気にかなる存在が、ダイエー買収に乗り出した、同じIT企業のソフトバンクの孫氏のこと。

●「経費節減など全く考えていないなんて、ソフトバンクはすごいね。」

◆「損(孫)はかまわないないってことかぁ。」

●「同じIT企業が負けじと立ちはだかるよ。前途には、谷あり(三木谷)堀あり(堀江)だね。」

◆「心配はしていないだろうね。なんたって孫氏(孫子)は兵法の達人だから。」

-------------------------------------------------

■ 2004/10/31 その51 三遊亭楽春(落語家)創作小話

アメリカ大統領選が近づいてきた。

大統領候補者によるテレビ討論では互角の対決状況。

●「ケリー陣営は自分たちが優勢だと鼻息が荒いね。」

◆「すでに争いに蹴り(ケリー)がついたと思ったいるようだね。」

●「いやぁ、まだまだ行方はわからないよ。」

◆「そうだね、まさに藪(ブッシュ)の中だね。」

-------------------------------------------------

■ 2004/10/29 その50 三遊亭楽春(落語家)創作小話

近鉄とオリックスが合併した新球団に、主力選手が残りたくないと他球団へ移籍希望者が続出。

●「主力選手がいなくなって、来年のオリックスバファローズは、猛牛のように強くなれるのかな?」

◆「いやきっと期待ほどは暴れない、おとなしいチームになるだろうね。」

●「親会社がオリックスだけに、猛牛じゃなくそれじゃまるで借りてきた猫だね。」

-------------------------------------------------

■ 2004/10/28 その49 三遊亭楽春(落語家)創作小話

サッカー鹿島の本田選手が時節出場停止に。

サポーターが投げいれたビール缶を投げ返したのが理由。

●「ビール缶は気の抜けたプレーに対してのファンの抗議?」

◆「でもビール缶を投げ返されて泡を食っただろうね。」

●「まさかご返杯とはね。」(^^;

-------------------------------------------------

■ 2004/10/27 その48 三遊亭楽春(落語家)創作小話

小泉総理が新潟で震災で被害にあった人の避難所を視察した。

●「それがたった25分で避難所から帰ってしまい、避難(ひなん)所で、非難(ひなん)をあびたね。」

◆「あれじゃ視察(しさつ)じゃなく、わずかな仔察(しさつ)だからね。」

-------------------------------------------------

■ 2004/10/26 その47 三遊亭楽春(落語家)創作小話

中日ドラゴンズの落合監督、西武ライオンズの伊東監督、2004年日本シリーズは新人監督対決となった。

●「落合監督を伊東監督が抑えたね。」

◆「オレ流も最後にはセーブ(西武)されたよ。」

●「今年の野球はライオンズの伊東監督が宙に舞って終わったね。」

◆「締めはめでたく獅子舞いかぁ。」

-------------------------------------------------

■ 2004/10/25 その46 三遊亭楽春(落語家)創作小話

新潟県中越地方をマグニチュード7級の地震が襲いました。

●「地震(じしん)が起きると、強い電磁パルスでコンパス(磁石)の、 磁針(じしん)が狂うことがあるんだってさ。」

◆「やはり避難訓練は必要だね。逃げる方向を間違わないように地震(じしん)に備えて、  普段からしっかり避難訓練をしていれば、自分自身(じしん)も安心できるからね。」

●「そうだね。自信(じしん)を持てる避難路を確保しておくべきだね。」

-------------------------------------------------

 2004/10/24 その45 三遊亭楽春(落語家)創作小話

横浜ベイスターズの砂原オーナーも、明大・一場選手への「裏金問題」で辞任。

牛島・新監督を迎えて、新しいスタートを切る矢先の失態。

横浜のチーム内には重い空気が。

●「ベイスターズの選手はどうしてる?」

◆「暗くなってるよ。」

●「それじゃまさに、横浜黄昏(たそがれ)だね。」

◆「どうしたら明るくなれるかな?」

●「それは難しいね。だってもう太陽(大洋)には戻れないからね。」

-------------------------------------------------

■ 2004/10/23 その44 三遊亭楽春(落語家)創作小話

明大・一場選手への「裏金問題」で、阪神タイガースの久万オーナーが辞任。

西武ライオンズの堤オーナーも、有価証券報告書訂正の責任を取り、日本シリーズ終了後に辞任する意向を示した。

相次ぐオーナーの辞任で、野球界は大いに揺れている。

共に鉄道会社のオーナー。電車内ではこんなアナウンスがあるかも。

●「この先、カーブで車体が揺れますが、野球界ほどは揺れませんのでご安心下さい。」

-------------------------------------------------

■ 2004/10/22 その43 三遊亭楽春(落語家)創作小話

今年は異常気象が続き、紅葉も各地で赤い色付きが遅れている。

パンフレットのキレイな紅葉の写真を見て、楽しみに地方旅館を予約したお客さんからクレームが。

●「紅葉してないじゃない。パンフレットは真っ赤な嘘ね。」

◆「まぁまぁお客さん、そう高揚(紅葉)しないで下さい。あまり怒ると胃腸(イチョウ)によくありませんよ。」

●「どうしてくれるのよ?」

◆「ちゃんと紅葉に合わせて、宿泊日を変えて(カエデ)おきますので。」

-------------------------------------------------

■ 2004/10/21 その42 三遊亭楽春(落語家)創作小話

アテネ五輪の柔道メダリストの写真付き切手シートが発売されることに。

●「切手になったからといって、敵に舐められないように頑張って欲しいね。」

◆「女子78キロ超級で金メダルの塚田真希も切ってになったんだよね?」

●「よもや彼女の切手を貼っても重量オーバーにはならないだろうな。」

-------------------------------------------------

■ 2004/10/20 その41 三遊亭楽春(落語家)創作小話

アテネ五輪、男子アーチェリーで銀メダルを獲得した山本博さんが、東武野田線の大宮駅の一日駅長を務めた。

●「山本さんを見つけた乗客が、銀メダルの感想を矢継ぎ早に質問していたね。」

◆「アーチェリーだけに矢継ぎ早かぁ。」

●「でも、ちゃんと駅長らしい注意を与えていたよ。」

◆「さすが、的を射た事をする人だね。」

-------------------------------------------------

■ 2004/10/19 その40 三遊亭楽春(落語家)創作小話

アメリカの04会計年度の財政赤字は財政赤字は、4125億5300万ドルと過去最大。

●「ブッシュが在政(ざいせい)中に、財政(ざいせい)赤字が膨らんだってさ。」

◆「ホワイトハウスが真っ赤に染まるとは皮肉だね。」

-------------------------------------------------

■ 2004/10/18 その39 三遊亭楽春(落語家)創作小話

日本シリーズ、中日vs西武が開幕!

●「一戦目で、いきなり球審(きゅうしん)が誤審(ごしん)。
  チャンスで三振(さんしん)。中日の落合監督は苦心(くしん)だね。」

◆「でも、二戦目はチームが一心(いっしん)となり、再発進(さいはっしん)したよ!」

-------------------------------------------------

■ 2004/10/17 その38 三遊亭楽春(落語家)創作小話

オリックスと近鉄の合併した新球団、オリックス・バファローズの監督に仰木彬氏が決定。

オリックスと近鉄の両チームを優勝させた名将だ。

●「新球団を任せるにはうってつけの人材といえるね。」

◆「そうさ、まさにオリックスと近鉄を束ねる扇(仰木)の要だよ。」

-------------------------------------------------

■ 2004/10/16 その37 三遊亭楽春(落語家)創作小話

80年代に大げさな芝居とセリフ廻しでヒットした、大映テレビドラマ・シリーズがDVD-BOXとなって発売される。

特に、堀ちえみがグズでのろまなカメを演じた、「スチュワーデス物語」は見ものだ。

●「若い頃のスチュワーデス姿を見てもらえてどう感じるかな?」

◆「懐かしくて雲の上にいる気分じゃないか。」

-------------------------------------------------

 2004/10/15 その36 三遊亭楽春(落語家)創作小話

アテネ五輪の陸上男子ハンマー投げで、金メダルを獲得した室伏広治選手がラーメンのCMに出演。

巨大なレンゲを投げるシーンが見所。

●「投げるのが得意な室伏選手が金メダルに輝いたコツは?」

◆「なにごとも投げずにやってきた成果だね。」

-------------------------------------------------

 2004/10/14 その35 三遊亭楽春(落語家)創作小話

「Aクラス確保で最低限の仕事はできた。」と、巨人・堀内監督がコメント。

●「最低限の仕事はできたんだってさ。」

◆「最低?それなら巨人戦の視聴率ですでに達成しているだろ。」

~~~~~~~~

巨人OB・中畑清氏が巨人の助監督要請を辞退した。

●「助監督(じょかんとく)って次期監督候補だよね。でも今の監督に失礼だからという理由で断ったらしいよ。」

◆「きっとそのうち堀内監督を追い出す、除監督(じょかんとく)の役を押し付けられると思ったんだね。」

-------------------------------------------------

■ 2004/10/13 その34 三遊亭楽春(落語家)創作小話

各地で熊が出没。被害が広がっている。

●「クマが日本各地にクマなく出てクマって(困って)いるね。」

◆「昨日も北海道で人が襲われたよ。」

●「襲ったのはツキノワグマかい?」

◆「いや、北海道だからヒグマだよ。」

●「それじゃ襲われたのは、ツキが無かったということか。」

-------------------------------------------------

■ 2004/10/12 その33 三遊亭楽春(落語家)創作小話

●「市川海老蔵のパリ公演の口上、なんとフラン語だったよ。」

◆「ずいぶん見栄を張ったね。」

●「なにしろ見栄(見得)は得意だからね。」

◆「海老蔵は金髪のフランス娘を見て、気がフラフラしないかな?」

●「親父の団十郎が、にらみをきかせているから大丈夫だろう。」

◆「そうか、睨みは十八番(おはこ)だね!」

-------------------------------------------------

■ 2004/10/11 その32 三遊亭楽春(落語家)創作小話

福岡でATMを狙った犯行が続出。

トラックでATMごと持ち去るのだが、なぜか現金を抜かずにATMを畑に捨ててしまうという怪事件。

●「なぜ現金を取らずに畑に?」

◆「金のなる木が育つと思ったんじゃない。」

-------------------------------------------------

■ 2004/10/10 その31 三遊亭楽春(落語家)創作小話

名古屋の「中日劇場」で「名古屋大安吉日物語」を上演中、連れの友人と喧嘩して刺した男を逮捕。

●「なぜ観劇中に喧嘩に?」

◆「演劇を見て激情(劇場)したせいかね?」

●「観客は大安じゃなく不安になったんじゃないかな。」

◆「大安吉日物語だから、今後の公演は、演技(縁起)の良さでカバーするしかないだろうね。」

-------------------------------------------------

■ 2004/10/9 その30 三遊亭楽春(落語家)創作小話

人気ロックバンドGLAYの来年の大阪ドームライブが中止になる可能性が。

理由は、近隣住民からライブでの振動に対する苦情が寄せられいるから。

●「ライブをやるのかやらないのか、白黒はっきりつけて欲しいね。」

◆「今のところは、灰色(グレー)だね。」

ちなみに大阪ドームでは、7月には米ロックバンド、「AEROSMITH (エアロスミス)」のライブが開かれた。

年齢層が高いので振動がそれほどではないので認められたらしい。(笑)

●「GLAYはダメで、なぜエアロスミスはOKなの?」

◆「年齢が上がると、AERO(航空機)も飛ばなくなるからね。」

-------------------------------------------------

■ 2004/10/8 その29 三遊亭楽春(落語家)創作小話

ライブドアと楽天の、プロ野球新規参入の公開ヒアリングが開かれた。
これで、どちらか一方が落とされるかも。

●「公開ヒアリングが、後悔ヒアリングになるかもね。」

~~~~~~~~~~~~~~~

秘書給与疑惑で衆院議員を辞職した辻元清美氏が、大阪のテレビに番組にコメンテーターとして出演。

ところが、視聴者からはなんと100本以上の抗議電話が殺到した。

ヨ係者はあまりの抗議ノ驚いて、視聴者にこう謝ったかも?

●「ソーリー(総理)・ソーリー(総理)・ソーリー(総理)!」

-------------------------------------------------

■ 2004/10/7 その28 三遊亭楽春(落語家)創作小話

五代夏子さんの「見返り美人」浜田幸一氏の「道」などを作曲した男が、CD製作の名目で知人から金を騙し取った容疑で逮捕された。

●「きっと自分の姿は見返ろうとしなかったんだね。」

◆「それで道を踏み外したのか。」

-------------------------------------------------

■ 2004/10/6 その27 三遊亭楽春(落語家)創作小話

巨人のペタジー二が成績不振で大幅減俸。

ペタが、シーズン中は「へた(下手)」と呼ばれ、今度は年俸が「へた(減った)」になった。

今や話題は年上の奥さん(オルガ)との熱々ぶりばかり。

●「ペタジー二は減俸になってまで来年もいるかな?」

◆「奥さん次第でオルガどうか決まるねだろうね。」

~~~~~~~~~

日本ハムのヒルマン監督の来期続投が決まチた。

●「ヒルマン監督は来期も続投だね。」

◆「プレーオフで負けたが、日ハムはけっして怯まん(ヒルマン)!」

-------------------------------------------------

■ 2004/10/5 その26 三遊亭楽春(落語家)創作小話

昨日、米企業が2回目の宇宙飛行実験に成功!

民間宇宙旅行の時代が近づいた。

●「宇宙飛行が成功したご感想は?」

◆「嬉しくて、宙にも昇る気分です!」

-------------------------------------------------

■ 2004/10/4 その25 三遊亭楽春(落語家)創作小話

日本歯科医師連盟(日歯連)による自民党旧橋本派への1億円裏献金事件で、関与した疑いがあるとみて、同派会長代理だった、村岡兼造(元官房長官)氏が家宅捜索を受けた。

●「村岡兼造さんが家宅捜索を受けたね。」

◆「これじゃ兼造(かねぞう)ではなく、金を造る金造(かねぞう)だね。」

-------------------------------------------------

■ 2004/10/3 その24 三遊亭楽春(落語家)創作小話

イチロー、シーズン最多安打記録更新と掛けて、花見の宴会ととく そのこころは、
咲いた(最多)咲いた(最多)で大騒ぎでしょう!

~~~~~~~~~~~

イチローの打率とかけて、家電量販店のCMととく、そのこころは、3割4割当たり前!

-------------------------------------------------

■ 2004/10/2 その23 三遊亭楽春(落語家)創作小話

中日ドラゴンズが優勝!

◆「すっかりセ・リーグを、龍が飲み込んだ年だったね。」

●「優勝がなかなか決まらなくてやきもきしたが、これで気持ちよく、溜飲(龍飲)が下がったよ。」

~~~~~~~~~~~

落合監督胴上げと掛けて、オリンピックでメダルを取った男子体操ととく、そのこころは  美しく宙に舞いました。

-------------------------------------------------

■ 2004/10/1 その22  三遊亭楽春(落語家)創作小話

昨日は、神宮球場でドラゴンズに胴上げが見られると思ったが、残念ながら持ち越し。

●「やっぱり最後は名古屋ドームで決まるだろうね。」

◆「尾張(終わり)名古屋だね。」

●「本当はもう少し早く、秋分の日(9/23)前後で優勝が決定すると思っていたよ。優勝は中日ファンの悲願だからね。」

◆「なるほど、9/23は彼岸(悲願)の中日(ちゅうにち)だからね。」


◆閲覧時のお願い。

当ブログの創作小話を、他のブログやサイトに、無断で転載・掲載することは禁止のため、ご遠慮をお願いします。


三遊亭楽春の創作小話バックナンバー (過去の全小話一覧)


三遊亭楽春公式ブログ (ブログのトップへ)


三遊亭楽春公式サイト (PC版サイトのトップへ)


三遊亭楽春公式ブログ(三遊亭楽春公式サイト)の内容は、三遊亭楽春に著作権があり、文章・画像・写真を許可無く使用や転載することを禁じます。


« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »